中性脂肪とLDLコレステロールが基準値以下で低すぎる謎

ここ数か月心身ともに壊れかけていましたが、少しずつ復調してきました。

ただ気になる不調が続いていたので不安になり病院で検査してもらったところ、中性脂肪とLDLコレステロールが基準値以下で、しかも両方ともここ数年で最低値でした。

ただ、医師からは「もともと中性脂肪とLDLコレステロールが低い人もいるので心配する必要はない」と言われひと安心。低すぎる原因は遺伝的要素もあるようです。

でもやっぱり気になったので笑、3年前~健診結果も見てみました。

そうすると確かに、中性脂肪は35前後(38→32→37→24)、LDLコレステロールは70前後(68→73→69→64)で推移していました。

ただこのブログでも書いている通り、そして写真にも載せている通り、私は普段からお菓子作りや揚げ物をよくしています。そのためバターや油、砂糖を頻繁に摂取しています。

また、サラダが好きでよく食べるのですがその際にもマヨネーズをたっぷりかけます。そして、唐揚げにもたっぷり付けて食べる習慣があります(毎回夫からの視線が地味に痛い…)。

しかも、以下のパンも日常的に食べています。

本当は小麦粉はできるだけ摂取しないほうがいいのですが、食欲減退で何も食べられないよりはマシと言い聞かせながら摂取中…

さらに、ここ1年くらい食欲減退気味だったので、バーガーキングでフィッシュバーガーやプラントベースワッパーを週1くらいで摂取していました(5月に以下のことが起こるまでは…)。

とまぁそんな感じで、とても中性脂肪とLDLコレステロール値が低くなるような食生活ではありません。生理前なんかは、チョコレートやアイスクリームもガツガツ食べてるし。

ただもしかすると、摂取しているマヨネーズ、油、砂糖があまり体へ負担をかけない種類のものなのかもしれないなぁ~と思いました。

例えば、マヨネーズ。5年前からずっと以下のものを使っています。

次に、油。5年前からずっと以下のもの(遮光瓶のエキストラバージンオリーブオイル、胡麻油、バター)を使っています。

そして、砂糖。5年前から上白糖はなるべく使わず、黒糖、てんさい糖、洗双糖(せんそうとう)、素焚糖(すだきとう)を使うようにしています。

それでも加工品には植物油脂、上白糖が使われていることが多いので、実際には体への負担はけっこうかかっているような気もします。

結局、マヨネーズ・バター・揚げ物が大好きでも、遺伝的な要素がある場合、中性脂肪とLDLコレステロール値は低くなるということなんでしょうね。

虫歯や2型糖尿病、肺ガン、その他諸々の病気と同様、どれだけ摂取しても遺伝的要素でそれらの病気にならない人がいるのと同じなのかもしれません。