ぺんぎんメモ

木製のお玉・取り分けレンゲを購入

time 2019/07/14

これまで、お玉も取り分けレンゲもステンレス製のものしか持っていませんでしたが、鍋やフライパンから料理を取る際にカチカチ音がするのが気になり始めたので、先月ネットで木製のものを購入しました。手の小さい私には持ち手の長いものは使いにくいので、持ち手の短いものを吟味しました。

また、木製の色が濃いものは苦手なのでアイボリーカラーのものを選びました。価格は両方とも約千円で、3週間くらい使いましたが軽さと持ちやすさで使用開始当初から手に馴染んでいます。

お玉は約24cmの長さで、天然木(ブナの木)を使用した手作り。木製ならではの温かみが感じられ、どの料理にも重宝しています。ただ、水につけっぱなしにすると水を吸った後の乾燥時に割れることがあるそうなので、少々気を付けながら使っています。

取り分けレンゲは約17cmの長さで、お玉同様に天然木(ブナの木)使用の手作り。長さが短い分、約20gと軽量なので料理の取り分けに大活躍しています。これを使い始めると、ステンレス製の取り分けスプーンが重すぎて使えなくなりますが、それだけ使い勝手が良いものです。ゆえに、お玉・レンゲともに末永く使いたいと思っています。

ところで、5月頃まいたアサガオの種がぐんぐん成長し、先月末から毎朝元気に花を咲かせています。鉢同士を近づけていたら3つの鉢のツルが連結してしまいましたが、日当たりの良くない我が家で元気に育ってくれているのは嬉しい限り。

ちなみに、シクラメンは花が咲き終わった後一旦葉が枯れていましたが、枯れた葉を摘み取ったら元気になってきました。冬場に再び花を咲かせてくれるよう、今後も世話を続けていきたいと思います。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

[詳細]