残留農薬の多い野菜は、無農薬や有機栽培のものを選びたい

残留農薬の危険性については以下のように書いてきましたが、最近残留農薬の多い野菜・果物について知る機会がありました。

野菜・果物の中で最も残留農薬が多いのは、イチゴだそうです。

イチゴに続いてホウレンソウも多く、ネクタリン、リンゴ、ブドウ、モモ、サクランボ、ナシ、トマト、セロリ、ジャガイモ、パプリカ・ピーマンの順に残留農薬が多いとのこと。

残留農薬が多いのはそれだけ虫がつきやすい農産物ということなのでしょうね…果物をよく摂取する場合は、無農薬や有機栽培のものを選んだほうが良いのかもしれません。

特に皮のまま食べるものは、しっかり洗ったり茹でたりして農薬を落としてから食べたほうが良さそうです。

ちなみに、残留農薬が最も少ない野菜・果物はアボカドだそうです。

続いてトウモロコシが少なく、パイナップル、キャベツ、タマネギ、冷凍グリーンピース、パパイヤ、アスパラガス、マンゴー、ナス、ハニーデューメロン、キウイ、マスクメロン、カリフラワー、ブロッコリーの順に少ないそうです。

もちろん農薬以外にも、化学肥料や遺伝子組み換え、放射性物質の危険性もあるので、無農薬・有機栽培だから安全とはいえません。

日本列島には世界的にみると危険なものが次々と入ってきているので、意識して気を付けていく必要があります。