PCR検査よりスイスイ進むワクチン接種!打たない理由は人それぞれ

昨日、国民の半数が新型コロナワクチンの2回目接種を完了したという報道を見て、結構多くの人が打ったんだなぁと思いました。

PCR検査は全く進まなかったのに、ワクチン接種手配はずいぶん迅速です。

さて、職場では私を除く全員が、新型コロナワクチン2回目接種を終えたことを知り、改めて退職を決めて良かったなぁと思いました。

ワクチン接種しない理由は人それぞれですが、私の場合、日本政府がこれまで庶民にしてきた酷い対応が強く印象に残っていて…

それを思い出すと、今回の新型コロナワクチンも打たないほうが身のためかなと思えてしまいます。

例えば、過去何かしらの原因でひどい健康被害が起こるたび、日本政府は因果関係を認めず、被害者をどん底へ突き落すような対応を繰り返してきました…政府関係者の利権絡みだから?

日本政府の、「庶民の命なんてどうでもいい」スタンスが一貫しているので、新型コロナワクチン接種で何かあったとしても得意の「想定外」「自己責任」を繰り返す気がしています。

「PCR検査は儲からないけど、ワクチンはいろんな事情が絡んでウハウハだから、推進推進!何かあっても因果関係を証明するまでに最低10年かかるし、世界的事情だから知ったこっちゃない」って感じで。

でも書いた通り、日本政府にとっては、庶民の命よりも外資に忖度するほうが大事なんですよね…

ちなみに、ワクチンパスポート推進国も多い中、先日イギリスは中止を決定しました。

今後日本政府がどういう決断を下すのか分かりませんが、どんな社会情勢になっても自分で考えて行動する姿勢は貫こうと思います。