アベノマスクの受取拒否して郵便ポストへ投函、厚労省へ返品した

とうとう我が家にも配達された例のマスク。

当初は諸団体へ寄付しようと思っていたのですが、近くにそんな団体が見当たらないのと、ウン百億円の利権になっていた事実に腹が立ったのとで、結局厚労省へ返品することにしました。

しかし、なぜ税金使って検品しているのか理解不能…相変わらずこの国の構造に吐きそうです。

そしてそうやって自国批判をしていると、なぜか売国呼ばわりされたり「それなら日本から出て行け」と言われたりするから余計おわってます。

相変わらず日本は国ではなく村のままだなぁと悲しくなります…

各村と同じ構造がそのまま国にも適用されていて、その村の未来を考えた言動・行動をしている人間に対して、「いやなら出て行け」と村八分に追いやります。

そして、一部の人間だけが甘い汁を吸う利権構造が続きます。そうやって地方は過疎化・限界集落化し、都市部の人間は国外へ出て行くのかもしれません。

公教育では、自分の頭で考えず上司や先生に従う人間を輩出するのが正義なので、多くの村社会では最年配者の言動が重視されるか、前例主義で物事が決められています。

自浄作用もないため、現状の悪しき社会構造が改善されることは皆無。この社会構造を変えるには、教育者と教育を外圧によって変える他ないでしょうね…

そんなわけで随分と話が脱線しましたが…届いたアベノマスクは、「受取拒否」と書いたシールを貼って印鑑を押し、郵便ポストへ投函しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
言いたい放題
ぺんぎんメモ