サニーレタスはしっかり発芽、九条ねぎとシソは芽がちょっと見えるだけ

左・サニーレタス、中央・白ネギ、右・シソ

から10日経ち、サニーレタスが発芽しました。

毎日今か今かと待ちわびていましたが、芽が出てきてくれて嬉しいです。

その5日後、発芽の気配がないか土を凝視していたところ、九条ねぎは1つだけ芽が見え始めました。

同じく、シソも1つだけ芽を見つけました(分かりにくいですが、、、肉眼では緑)。

九条ねぎとシソは2020年に購入した、寿命1年と記載された種だったため発芽するか心配していましたが、日当たりの悪い我が家のベランダでもなんとか発芽してくれそうな気配です(まだ1つずつしか見えませんが)。

サニーレタスも少しずつ大きくなっています。今回は発芽率が心配で、1つのポリポットに多くの種をまきすぎたので、次回以降は1ポリポット4~5粒にしようと思います。

ちなみに、これまで植物の水やりは、PETボトル容器に水道水を入れて大雑把にやっていましたが、「種には優しい水やりが必要」と本で読んだので、近所で安売りしていたジョウロを買って、それで水をあげています。

家庭菜園への道のりはまだまだ先なので、冷蔵庫の具合を見計いながら定期的に農産物直売所へ行って野菜を買っています。以前は月1くらいで行っていましたが、再就職が決まってからは現実逃避のためか毎週行っている気がします。

今回は、ぬか漬けも買いました。生産者にもよりますが、ここのぬか漬けはぬか度合いが優しくて好きです。

ただ、出来たて焼き芋の販売日ではなかったので今回焼き芋は買わず、高橋豆腐店のがんもどきもまだ冷凍庫に在庫があるので買いませんでした。

お餅は年に1度食べるくらいであまり得意ではないのですが、なんだか最近無性にお赤飯や杵つき餅が食べたくなるので、次回産直市場へ行ったときはそれらも買ってこようと思います。