3月中に用事を済ませておいて良かった

初出勤を終えましたが、慣れない環境に気疲れもあってか、初日からヘトヘトになりました、、、

頭も体も付いていけず疲れ果て、結果、変な夢をたくさん見ました。

いろいろ見ましたが、立体駐車場にとめた車へ忘れ物を取りに階段を上る途中、後ろからナイフを持った女性に迫られるという夢が1番怖かったです。

面接や募集要項とは違った業務内容、残業の多さを知り、すでに辞めたくなっている今日この頃です。

先月、「来月からまたフルで働き始めると、掃除や片付け、細々とした買い物ができなくなるはず」と思い、だいたいのことは済ませておきました(と思いたい)が、これが大正解でした。

冷蔵庫(製氷機のところが面倒)・排水溝・換気扇の掃除、狭い収納場所を片付けて整理、各衣類の補修・処分、不要布類をウエスへ、靴磨き、その他諸々の雑務。

備蓄もそのうちの1つで、値上げや自然災害対策として以外に、忙しくなって気が回らなくなったときのための買い物でもありました。

その他、ホームベーカリーで夫用食パンを焼いて冷凍保存、オーブンで砂糖不使用パウンドケーキを焼いて冷凍保存しておきました。

精神的にいっぱいっぱいになるのが早いため、忙しくなると各場所の掃除間隔が空きがちになり、片付けが後回しになり、買い物自体がテキトーになって、不要なものまで買い込んだりする可能性が高いからです。

結果、徐々に家全体が汚くなってきてストレスが溜まりやすくなるので、そんな状態を少しでも回避するために、思い付く限りの先手を打っておきました(と思いたい、、、)。

結婚後、働きながら家事をするようになって思うのは、子育てをされている方や介護をされている方が、想像できないほどスーパー人間だということです。

仕事をして、家事もして、子育て、介護、それに付随する手続き各種、、、どれだけ大変か。どれだけ自分のことが後回しになるか。

もちろん個人個人で置かれている環境は異なるのかもしれませんが、これまでに聞いたことのある話では、だいたいが驚異的な忙しさです。

そういう大変さを経験していない身なので、仕事と家事の両立ですら、こんなにも困難に感じてしまうのかもしれません。受け入れられる器の狭さを象徴している気がします。

ただ、私にはもはや自分なりのペースで生きていくことしかできません。

今は奨学金完済のため、そして完済後は自分なりの生き方を貫くため、今後もできる限り自分のペースでやっていこうと思います。

そうでないと、また自分を見失ってしまいそうなので、、

にしても、仕事が始まってさっそく食欲不振になっていて、自分でも今後が心配です。友人にも愚痴を吐きまくっています。

GI値の高い野菜はなるべく避けたいのですが、食べたいものが無い場合は、好みのHB定食にGI値の低い玉ねぎをたっぷり使用して、できるだけエネルギー摂取に努めようと思います。