【北海道3泊4日添乗員付きツアー、登別・ニセコ・洞爺・小樽・札幌】あげいもを買わなかったことを後悔

ホテル駐車場の後ろにある山は、冬はスキー場になる

再び、北海道旅行記を再開。

【北海道3泊4日添乗員付きツアー、登別・ニセコ・洞爺・小樽・札幌】天候に恵まれて最高の景色を拝めた
の続きで、2日目後半です。 昭和新山の後に向かった先は、洞爺湖サミット記念館。 2008年洞爺湖サミットの際、G8の円卓会議で使われた机や椅子が、当時のまま保存されていました。 この拡大会合用テーブルは、アフリカ諸国やアジア諸国との会合に使...

の続きです。

3日目。昨夜から降っていた雨が止まず、まだパラついています。写真は昨晩撮ったもの。

リフト乗り場

ホテル直結でリフトに乗れるようになっているため、冬場は激混みしそうなニセコヒルトン。

ゴルフ場も2つ隣接しているので、時期によっては冬以外も混むのかも。

そんな感じですが、宿泊した日は団体客を見かけたものの、朝食会場の混雑はなく、

落ち着いて食事できました。

ホテルを9時頃出発して向かった先は、京極ふきだし公園。

ちょうど雨が止み、晴れ間がのぞいてきました。

ただ、公園内にあるつり橋を通るのに路面が濡れていたので、ちょっと怖かったです。

それでも紅葉が素晴らしいので、足元に気を付けつつ景色を満喫~

時間が限られているのでゆっくりは見られませんでしたが、居心地の良い公園でした。

また、この公園では羊蹄山から湧き出る名水が有名らしく、ペットボトルに入れて持ち帰る人も。

添乗員さんは、「くれぐれも自己責任でお願いします」と繰り返していたけど…

そんなに美味しいのか~ということで、売店で「京極の名水」を購入。

バス車内で飲んでみると、夫も私も「確かに美味い!」と納得。

1本150円で2本買いましたが、買う価値のあるお水でした。

名水を堪能した後は、道の駅あかいがわへ。

ここでも、お土産や軽食、農産物(別棟)が売っていましたが、いまだに後悔しているのは、

以前も書きましたが、軽食屋さんで売っていた「あげいも」を買わなかったこと、、、

お腹が限界突破しそうだったので諦めたのですが、やっぱり買っておけばよかった。

そんな後ろ髪を引かれつつ、次なる観光地・小樽へ。

バス車内からも紅葉が楽しめて最高です。

小樽では2時間の自由時間。

ただ、駐車場が巨大だったので時間に余裕をもって行動。

小樽に来るのは3回目ですが、どうも毎回滞在時間が短いせいか、

時間に追われて地理を把握しきれず、不完全燃焼のまま終わる観光地になっています。

ちょっと長くなりそうなので、3日目の続きはまた明日~