ぺんぎんメモ

sponsored link

女性が賢くならないと国が滅びる

time 2018/08/12

戦後数十年間、日本人女性を賢くさせない教育・家庭環境・社会制度の中で、日本人女性が知性を得る機会が失われていった気がします。社会制度や社会問題よりも、美容・ファッション・グルメ・芸能などに興味・関心が向くような情報統制がなされ、また戦後復興の中で、男性を内助の功で支える役割を強いられてきました。

そんな時代に女性に教育投資する概念は、あまりなかったと予想します。

インターネットが出てくる前までは、特に田舎であれば本屋・図書館も周囲にないことが多いので、自宅に本がない限りは、テレビやラジオからの情報が主になっていきます。そういう環境で知識を得て賢くなろうとしても、島国日本では限度がありそうです。

話がそれますが、私が幼少期を過ごした田舎では、地域でも義務教育の中でも、女性は男性に従順で素直であることが美徳とされていて、知識をつけて男性に対して意見しようものなら「女のくせに生意気」という悪風潮が根強くありました(し、今もあると思います)。

それは、独身女性が増えた今でも、婚期を促すような圧力を女性に対してかける多くの親の存在が象徴していると思います。

女性は賢くなるよりも、結婚して子どもを産むことが大事、という偏向的価値観がまだまだ根強くこの社会にはあるんですね。子ども育てる女性に対して、非常に冷酷なのにもかかわらず。子どもを産めない・産まない女性を見下す人々もいるくらいですからね。

きっと、それは親だけでなく日本社会の根底に、女性に賢くなられると困る存在があるんでしょう。それは女性だけでなく男性もでしょうが。

経済中心社会である現代日本では、「大手メディア情報に踊らされたまま、社会問題や社会制度に疎くいて欲しい、賢くならないで欲しい」と思っている組織・人々が大勢いるのでしょう。

でも、そんな国は近い未来に滅びてしまうと思います。個人的な予想では、国としては何とか存在しつつも、諸外国の核の最終処分場として支配されて、実質的には滅びた状態になると思っています。

ゆえに、そうした流れを食い止めるためには、女性が賢くなる努力をすべきですよね。ただ、女性が賢くなる機会を奪う男性が大勢いるのも事実なので(最近のニュースでもありましたが)、日本で無理なら海外へ出てしまった方が良いと思っています。

偏った情報・価値観で貴重な人生の時間を無駄にするなんて、あまりにもったいないですよ。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの自由気ままな30代。日常旅、価値観の記録。香川県or海外移住を目指して地道に活動中。女性が賢くならないと国が滅びる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link