ぺんぎんメモ

sponsored link

女性の社会進出を邪魔する国は滅びる

time 2018/08/12

戦後数十年間、いや明治時代から?多くの日本人女性は社会制度・家庭・教育の中で、社会進出しにくい環境に追いやられていたと考えています。

今でも田舎ではそうだと思いますが、お嫁に行けば家の中では奴隷同然の扱いを受けますし、男性中心閉鎖的村社会の多くでは女性が知識を得ることはプラスに捉えられていません。

「子どもを産まない女性は生産的でない」という価値観をもつ年配男性が多いことからも分かる通り、賢くなるよりも子どもを産めという価値観が男性中心閉鎖的村社会の主流なのです。人口が増えて生産性が上がった国や地域があれば教えて欲しいくらいですが(笑)

インターネットが出てくるまでは、特に田舎であれば本屋・図書館も周囲にないことが多いので、自宅に本がなかったり親が知識を与えようとしなければ、テレビやラジオからの情報が主になっていきます。

しかし、女性の多くが奴隷同然の生活で忙しすぎて疲れ果て、テレビやラジオを見る聴く時間さえままならなかった環境下では、社会に必要な知識を得て賢くなり社会進出しようとしても限度があります。

話がそれますが、私が幼少期を過ごした田舎では、地域でも義務教育内でも、女性は男性に従順で素直であることが美徳とされていて、知識をつけて男性に対して意見しようものなら「女のくせに生意気」という悪風潮が根強くありました(し、今もあると思います)。

それは、独身女性が増えた今でも、婚期を促すような圧力を女性に対してかける多くの親の存在(男親だけでなく女親も)が象徴していると思います。

先ほども書いたように、女性は知識を得て賢くなるよりも結婚して子どもを産むことが大事、という偏向的価値観がまだまだ根強くこの社会にはあるんです。子ども育てる女性に対して非常に冷酷な社会にもかかわらず。

もちろん、そうした偏向的価値観だけでなく、経済中心社会である日本では大手メディア情報に踊らされたまま、「社会問題や社会制度に疎く馬鹿でいて欲しい」と思っている組織・人々が大勢いるのでしょう。

でも、そんな国は近い未来に滅びてしまうと思います。個人的な予想では、このままいくと国として何とか存在しつつも、諸外国の核最終処分場としてアメリカに植民地支配されて、実質的には滅びた状態になると思っています。

そんな女性が賢くなる機会を奪う男性が大勢いる日本社会ですが、知識をつけた賢い女性が多く社会進出し、少しずつそんな現実を変えていっています。私も日本が無理なら海外へ行き、現環境を変えられる雑草のような生き方をしていきたいと思っています。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link