チャイナプロジェクトで分かったガンの原因

最近読んだ本で、「やっぱりそうなんだ」と思ったことがあったので書いておきたいと思います。

それは『葬られた「第二のマクガバン報告」上「動物タンパク神話」の崩壊とチャイナ・プロジェクト』という本の、動物タンパク質(動物性食品)の摂取がガンを発症させるという記述。

動物タンパク質とは、肉、魚、卵、牛乳などに含まれ、戦後日本がアメリカから支給され、栄養があると刷り込まれてきた栄養素です。

が、腸が長い日本人にとって、日常的に摂取するべき栄養素ではない気もします。

私自身あまり得意でないため、この本を読んでも「あ、やっぱりそうなんだ」程度にしか思いませんでしたが、一般的には牛乳・卵には栄養があると思われていますし、肉・魚もある程度は摂取するべきだと思っている人が多いと思います。

実際、義務教育時代に「肉も食べたほうがいいよ、好き嫌いは良くないよ」と多くの人に指摘されましたから、大半の人は動物性食品は摂取すべきものと考えているはずです。

このブログを読んで下さっている方であれば、動物性食品が体に良くないのは常識くらいに思われているかもしれませんが…

さて、「動物タンパク質がガンを発症させる」と書かれているこの本なのですが、それ以外にも興味深いことが書かれていて、それは植物タンパク質(植物性食品)の摂取はガンを発症させないという記述内容でした。

つまり豆類などの植物性食品の摂取は、動物性食品の摂取よりもガン発症率を格段に下げるということです。

もちろん植物性食品だけを摂取してガン発症を抑えられたとしても、ストレスなどで他の病気を発症する可能性もありますから、一概にいいともいえません。

が、日本人にガン患者が増えているのは事実なので、それを予防できる点においては動物性食品の摂取よりはマシかもしれません。

特に、近年では世界的に乳ガン発症率が高くなっていて、日本もアメリカほどではないにしても年々増加傾向にあるそうです。

それはもちろん過度なストレスも影響していると思いますが、動物性食品の摂取量が増えていることとも無関係ではない気がします。

ただ日本の場合、

でも書いたように、レントゲン等で日常的に人工放射線を浴びすぎていることも影響していると思います。利権絡みなので大手メディアは指摘しませんが…

とりあえず、アメリカナイズされたオシャレな食事には動物性食品がたっぷり使われている場合が多いので、そうした食品の摂取は少量にし、【放射能を排出する食】『体質と食物』病気になりにくい身体へ体質改善にも書いた、日本古来の食品を中心に日常摂取していこうと思います。