ぺんぎんメモ

sponsored link

生きることに疲れた人は「脳が老化」している

time 2017/02/27

脳神経に異変が起きている場合、体内の何かしら物質濃度が変化していることが多くあるそうです。

例えばうつ病では、コルチゾールと呼ばれる物質濃度が異常に高い状態にあるそうで、コルチゾールは別名ストレスホルモンとも呼ばれ、高ストレス下に長期間さらされると過剰に分泌される物質だといわれます。

コルチゾール値が高い場合は糖尿病の原因にもなるそうですが、低すぎる場合も体に良くないため注意が必要です。

私はうつ病と同じように、認知症やその他脳の病も何かしらの物質濃度が関係していると考えています。

脳の病には原因不明の難病と呼ばれるものも多いですが、その原因の多くは異常なストレスに長期間さらされた結果、体内の何らかの物質が過剰に分泌されすぎたためだと思っています。

脳の病は命に関わるものも多いため一概には言えませんが、酷使すれば体内器官が疲れるのは当然のことでしょう。

子どもの頃から脳を酷使し過ぎれば、高齢者と呼ばれる年齢になっていないにも関わらず脳内の物質量が変化して脳が老化した状態になることも考えられます。

それは脳だけでなく他の器官でも同じです。異常な高ストレスを感じた器官が犠牲になって、体全体の異常へと繋がっていくのだと思います。

今の社会でストレス少々の生活を送るのは難しいかもしれませんが、発散したり解消したりして生きられれば多少は健康状態を長く保てるのではないかと思っていますが、どうでしょう?

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link