いくら体に良くても美味しくないと続かない

世の中には「体に良い食べ物」として多くのものがあります。

が、それらがどれだけ体に良くても、美味しくなければ食べ続けられないことも事実です。美味しくないものを無理やり食べたところで、逆に気分が悪くなり、体調を崩すことさえあり得ます。

結局は、その人が求める食べ物を摂取するのが1番体に良いのだと思っています。

もちろん、トランス脂肪酸、人工甘味料、保存料、人工着色料、化学調味料、農薬、放射性物質等の食べ物を、「体が求めているから」と摂取し続けたら体に良いわけがありません…

また逆に、健康食品だけを食べすぎるのも体に良くなさそうです。例え、栄養が豊富に含まれているものでも食べ過ぎれば体に有害になる可能性があるからです。

要はバランスが大事で、少しずつ色々なものを摂取することが大切なのだと思います。

昔から日本人が摂取してきたものを中心に、バランスよく食べていれば、たとえ後々何かしらの食品に危険があると分かっても、被害を最小限にできます。

それゆえ、大手メディアでわざわざ「健康に良い」と謳っている健康食品は何だか信じられません。

その情報を大手メディアで流すためには多額のお金が必要なため、そんな大金を払ってまで情報を流すなんて、その「健康に良い」と謳われる健康食品が販売不振なのでは?と思ってしまいます。

そんなわけで、体に良いものでも美味しくなければ続かない、食べ過ぎれば体に悪い、「健康に良い」と大手メディアで言われているものは信用できない、と思っています。