ぺんぎんメモ

年賀状をやめたその後も快適

time 2017/11/01

年賀状をやめて10年以上が経ちます。

最初の頃は頂いた年賀状に返信をしていたのですが、居住地を変えることが多かったのと、実家に送られてそのままになったことがあって以降、自然とやり取りが減っていきました。

とはいえ、親しい友人とはメールで連絡を取り合っているので、特に不都合もなく今日まで来ています。でも不都合が無かった真の理由は、友人が少なく人脈がないためでしょうね(笑)

社会人になって以降、年賀状を送る習慣のない会社に勤務していたせいか、特に困ることもなかったのですが、数年前に後輩から年賀状が届いた時は久々に年賀状を書きました。それ以外は10年以上1枚も書いていませんが、快適です。

というのも、年齢を重ねるにつれて生活環境が変化する場合も多く、徐々にお互い「明けましておめでとう」とは言えない状況も増えてきます。

また、昔のように年末年始がお休みの会社ばかりではないので、年賀状を出す余裕がない人も多いはず。それに私自身せっかくお休みが取れれば、年賀状を書くよりも普段できない家事をしたり、ゆっくり過ごしたりする時間を優先したいです。

生活スタイルも価値観も多様化してきているので、会社の付き合い等仕方ない場合を除いて、年賀状はあくまでも送りたい人だけが利用する位置づけで良いのでは?と感じています。

世間の習慣に縛られない時間の使い方で、自分の時間や家族との時間を増やしつつ、年末年始を快適に過ごしたいものです。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]