もやしの代わりに白菜を使うようになりました

これまで、ビビンバで使うナムルやラーメン具材、その他炒め物には、もやしを使うのが定番でした。

が、少し前に炒め物にもやしを使ったら、漂白剤のような香りに気分を悪くしてしまい…以降もやし拒否症に。

漂白していないもやしであれば大丈夫かなと思い、周辺スーパーで無漂白もやしを探しましたがどのお店でも取り扱っていない様子。結果、もやしを使うこと自体やめることにしました。

ただ、あらゆる料理で重宝していたもやしを使わないとなると、代替品が不可欠。そこで思いついたのが白菜!

今年は冬野菜が豊作なこともあって、存分に白菜を使える環境だったので積極的にもやし代わりに使用しました。

白菜の芯の部分をもやしのように細くカットして使えば、歯ごたえも風味もそこまで違和感ありません(もちろん個人差はあると思います)。

しっかり洗ったもやしでも、独特の香りが気になる場合にはオススメしたい代替法です。