『アルネ』を古本屋で買い集めながら思う、自宅での生活

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8d

既に絶版となってしまいましたが、さまざまな分野の著名人の生活空間を、大橋歩さんが丁寧に取材してつくっていた『アルネ』という雑誌がありました。

30巻で発刊を終了してしまいましたが、その後古本屋で見つけた10巻分をときどき読み返しています。

読み返す度、日常的な生活空間の大切さを感じさせられています。自宅はやっぱり快適空間でなくっちゃね♪

最近、イタリアやドイツの暮らしを知る機会があったのですが、多くの家庭で、女性は家事をしながら家庭菜園で果実や野菜を作る生活をしていました。

そしてそんな生活では、自宅で過ごす時間をとても大切にしているように感じられました。『アルネ』で紹介される人々と似てるなぁ~

以前は「自宅は寝に帰るだけの場所」とだけ思っていましたが、現在のように自宅が快適で居心地のよい空間になると、1年中そこで過ごしたくなってきます。

限られた空間や経年劣化と戦いながら、自宅をいかに心地よい空間として作り上げ・維持していくかの大切さを感じるようになりました。

経済中心・仕事中心の日本社会ですが、自宅で過ごす時間の大切さ、自宅が快適空間であることの大切さ、が認識される社会になって欲しいなと思います。

ネットのお店「fish on」、神保町の「magnif」、吉祥寺の「百年」などで買い集めてきた『アルネ』。今後も少しずつ集めて、ときどき読み返す時間を大切にしたいです♪