CTは被爆するので高額でもMRIを受けるつもりでいる

数か月前までは酷い頭痛に悩まされていましたが、最近はほとんど無くなっています。

結局のところ、頭痛の原因は仕事の緊張からきているらしく、、、頭痛が起きるのがだいたい休日のリラックスしている時間帯なので、ちょうどその頃仕事で感じた緊張がほぐれているのだろうと思います。

ただ、その頭痛があまりに酷い時があり、落ち着いた頃に脳の検査を受けて安心したい気持ちがあります。そう思うのには、私の家系に脳疾患が多いからでもあります。

さて、検査をしようと考えてはいるものの、思い付くものといえばCTかMRI。

どちらにしようか調べたところ、CTは検査時間がMRIよりも短くて済むものの(頭部MRIは30分前後かかる)、CTはX線を使って画像を得るため放射線被爆があるというのです。

しかも、レントゲンの約350倍もの放射線被爆というから恐ろしい、、、

さすがにそれは怖いと思い、高額でもMRI検査のほうがいいなと思いました。ただ、MRIは強い磁場と電波を使って画像を得るため、検査を受ける際に制限や注意事項があるようです。

とはいえ、危険性が高いにもかかわらず、外資の医療機器メーカーが利権のため、日本人に勧めているCTよりは体への負担が断然少ないため、今後脳の検査を受ける際は迷わずMRIを選ぶつもりでいます。