【卵1個・牛乳なし】スパイス控えめ!人参たっぷりでしっとり!パウンド型で絶品キャロットケーキ

先日、冷蔵庫に残っていたくるみ、無塩バター、シナモンを使って、ずっと前から焼いてみたかったキャロットケーキを焼きました!

市販のキャロットケーキのスパイス控えめバージョンを理想に作ってみたのですが、本当にそんな風にできて絶品!!……自分でもビックリしました。

夫にも好評で、どうやら言われなければ人参が入っているとは分からないらしいです。すりおろすからかな?

数年前に「ローズベーカリー」で念願のキャロットケーキを食べた後に好きになり、その後ディーンアンドデルーカやシティベーカリーでも買っていましたが、自分でこのレベルを作れるならもう買わなくてもいいかも!

【18cmパウンド型×1個分材料】

  • 無塩バター     60g
  • 砂糖(洗双糖) 60g
  • 卵       1個
  • 人参      150g
  • くるみ     40g(生地に混ぜ込む用30g+飾り用10g)
  • レーズン    40g
  • 薄力粉     110g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3
  • シナモンパウダー  小さじ1/2

(フロスティングクリーム)

  • クリームチーズ 100g
  • 砂糖              大さじ1
  • レモン汁   小さじ1

まず、くるみは150℃のオーブン(上段)で10分ローストして冷まし、刻んでおきます。

また、レーズンは茹でて水気を切ってから、刻んでおきます。今回使用したレーズンは、原材料に植物油脂が使われていたため気持ち長めに茹でました。

人参はおろし金ですりおろしましたが、フードプロセッサーがあると便利だと思います(水分が出ても、少量なら生地へ入れて大丈夫です!)。これで下準備は完了!

次に、室温に戻して柔らかくしておいた無塩バターをよく混ぜます。同時に、180℃にオーブンを予熱しておくといいです。

そこへ砂糖を加えて混ぜ、さらに卵を加えて混ぜます。

ある程度混ぜたら、すりおろした人参、刻んだくるみ(生地に混ぜ込む用30g)、レーズンを加えてさらに混ぜます。

最後に、薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンパウダーを加えて、さっくり混ぜ合わせます。

シートを敷いたパウンド型へ流し混んだら、180℃のオーブン(下段)で40分焼きます。

焼いている間に、フロスティングクリームを作ります!と言っても、混ぜるだけなんですが…

室温に戻して柔らかくしておいたクリームチーズと砂糖、レモン汁を混ぜたら完成!

ケーキが焼けたら、型から外して冷まします。

型から外す際、柔らかいのでそっと持ち上げるのがいいと思います。熱いので気を付けて取り扱います。

冷めたら、フロスティングクリームをケーキ上部に伸ばしながら乗せていきます。

伸ばし終えたら、飾り用くるみ10gを乗せて完成!

フロスティグクリームが柔らかい状態のほうが美味しいです!

が、冷やして少し硬くなってもそれはそれで美味しい!

人参を150gとたっぷり使ったのと、くるみとレーズンを多めに使ったせいか、ずっしり&しっとり&甘い絶品キャロットケーキになりました!!

個人的には、スパイス控えめで食べやすいのが◎

かなり美味しかったため、2日後に2回目を焼いてしまいました……人参をすりおろす作業以外は簡単なケーキなので、なるべく多くの人に作って欲しいです。

ちなみに、人参には胃腸を丈夫にし、消化を良くする働きがあるほか、疲労回復、滋養強壮、目の働きをよくする働きもあるそうです。また、食欲不振、下痢、慢性胃炎、むくみ、体のだるさにも効果があり、体の抵抗力を高める食材とされています。

そして、くるみには疲労回復効果や美肌効果があるそうですが、美肌には毎日少しずつ食べるのが良いらしく、食べすぎると逆効果だそうです…

ストレスのせいか、このところ焼き菓子を焼きまくっていますが……材料的に体に負担なものが多いので、作るのはほどほどにしたいと思います。