ぺんぎんメモ

「あずきかぼちゃ」が糖尿病に効く

time 2016/12/02


夫が健康診断で糖尿病予備軍であると診断され、再検査になりました。若い頃からお酒を大量に飲んでいたせいなのか遺伝なのかその両方なのか原因は不明ですが、血糖値を下げるためにGI値の低い食材を使った食事メニューを考えています。

夫はお酒とお肉とパンが好きな人なので、いきなり変えてしまうと反動があると思い、野菜を増やしながら徐々に変化させているところです。そんな中、糖尿病の特効薬とよばれる料理に「あずきかぼちゃ」というものがあるのを知りました。

これはあずきとかぼちゃを水と塩で煮る簡単料理なのですが、これを朝晩汁椀半分の量を食べ続けると、血糖値を下げる役目を果たし糖尿病に効果てきめんなのだそうです。早速、朝晩夫に食べてもらっています。

(材料)

  • あずき    1カップ
  • かぼちゃ   150g
  • 水      3カップ+1カップ
  • 塩      小さじ1
  • 白ネギの根っこ 少々
  • (陰性体質の人は昆布15g)

(作り方)

  1. 鍋にあずきと水3カップ、細かく刻んだ白ネギの根、(陰性体質の人は昆布)を入れて強火にかける。
  2. 沸騰したら中火にし、別に用意した水1カップを4~5回に分けて差し水しながら煮る。
  3. あずきが柔らかくなったら、分量の塩を混ぜ3×4cm角に切ったかぼちゃを加えて弱火で煮込む。
  4. かぼちゃが煮えたら完成。

かぼちゃは九州産・北海道産のものが売っている時にまとめ買いしてカットして冷凍しています。同じく白ネギの根も白ネギを買った際にカットし冷凍保存しています。

%e9%a3%9f%e3%81%ae%e6%9c%ac-2

この料理を知ったのは、大森一慧さんの『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』という本の中で。この本には、身近な食物や調味料で体の不調を自然に・自力で治す方法が掲載されています。現代は西洋医学の信仰が厚い時代ですが、昔ながらの方法で治すことができる病であれば、そちらの方が安全・安心だと考えています。とりあえず、あずきかぼちゃを続けていこうと思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]