できる範囲で、体にいい油を選んで使う

以前、「ショートニングとマーガリンは、がんやうつ病の危険性」で、植物油脂やショートニング、マーガリンは体を酸化させ、生活習慣病や発がんリスクを高めるため避けていると書きました。

では、我が家ではどんな油を使っているかというと、まず炒め物やパンに塗るためのバター(バターは乳製品なので最小限の摂取)。

以前はお菓子作りにも使っていましたが、最近ではできるだけココナッツバターやオリーブオイルを使うようにしています。

次に、料理全般にはエキストラバージンオリーブオイルごま油を使っています。オリーブオイルにはオレイン酸という不飽和脂肪酸が多く含まれていて、摂取しても体内の細胞を酸化させにくい性質があるそうです。

ただ、オリーブオイルは粗悪品も出回っているため、購入する際は遮光瓶に入ったもので値段が安くないものが安心みたいです。

ごま油も遮光瓶がいいそうですが、毎回かどやの大ボトル(600g)を買っています…

その他マヨネーズも使っていますが、「マヨネーズの使用は出来る限り控えたい」でも書いたように、なるべく使わないように気を付けています。

ちなみに、どの油を使用する際も、直射日光に当たらないよう保存すること、使う際は過熱しずぎないこと、酸化させないことが大切なようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
食良品
ぺんぎんメモ