中国の公園に備え付けられた面白い健康器具

中国特有の光景を見られる場所の1つに、公園があります。公園にはダンスをする人や太極拳をする人、歌を歌っている人などがいますが、中には健康器具を使って体を鍛えている人もいます。

それらの健康器具は公園に備え付けてあるものですが、種類豊富で面白いので紹介したいと思います!

まずはこちら。これはまあジムでよく見かけるものと似ていますから、およそ使い方の検討はつきますね。

これも何となく分かりますが…何故こんな体勢を求めるのでしょうか?

こ、これは何でしょう?どうやって・どの部位を鍛えるのか想像がつかない…

これは拷問器具ではありません、れっきとした健康器具です……たぶん。

各部位に当ててツボを押すのかな?

これはおそらく、ブリッジ体勢になり身体を伸ばすものだと思います。えっ、違う??

これは、足置きのような部分に両足をのせて、左右に振る感じでしょうか。

???地面にある3つの丸い台はどう使うのでしょうか。何とかして身体を伸ばす???3人が同時に鍛える?

これは鉄棒っぽいのですが、低いし狭いしどうも違う気が。子ども用としても狭すぎる。用途不明の健康器具はまだまだ続きます。

これは、背中や腰などに当ててグリグリやる想像ができます。どうも、グリグリやるタイプが豊富な気がします。文化でしょうか?

これが1番理解できなかった健康器具です。円盤みたいなもの2つとグリップが2つありますが、その関連性が見えてきません。

これは、分かりますね。

用途不明の健康器具の他にも、中国らしいものもありました。こういうのが公園に整備されているの、何かいいですね。日本にもあればいいのに。

他には卓球台もありました。

日本で上記のような用途不明の健康器具を置いておくと、誤った使用で何かあった場合責任問題になりかねません。「何でこんなもの作ったんだ?」ってね。

公共の場にこんな健康器具が堂々と整備されていることに、日本とは違うお国柄を強く感じたのでした。