ぺんぎんメモ

sponsored link

西安・唐皇城墻含光門遺跡博物館(城壁内博物館)をのんびり歩く②

time 2017/08/05

西安・唐皇城墻含光門遺跡博物館(城壁内の博物館)をのんびり歩く①のつづき。

隋・唐時代の長安は世界最大の都市であり、シルクロードを通って毎年多くの外国人が長安に集まっていました。

隋・唐時代はシルクロードの黄金時代であり、交易によって長安が栄えに栄えた時代でした。ちなみに、シルクロードは陸の道だけかと思っていましたが、海の道もありました。

こんな風に陸のシルクロードは、中央アジアを通り中東、地中海までを繋ぐ交易路。

唐の時代には、海のシルクロードもありました。

輸送手段としては適していないと思うのですが、陸でも戦争があったりしたときは活用されていたようです。でも、海は悪天候や海賊などの問題で、かなり効率が悪かったのではないかと想像します。

ここからは、1階の一角に展示されていたキレイな壺をご紹介。

50個近い美しい壺が展示されている理由がよく分からなかったのですが、おそらく中国の各時代を想像して制作された壺ではないかと予想。

それぞれのテーマに沿って作られた壺は、どれも素晴らしい装飾でした。

中国的な絵柄だけでなく少し西洋っぽいものもあり、交易を経て得た文化が当時だけでなく今もなお生き続けていることを感じました。

ちなみに、この博物館のきちんとした入口は城壁下にあり、そこから入場料を払って博物館と城壁の見学ができるようになっているようです。

とはいえ、東西南北の定番の門に近い場所ではないため、観光立地の面から言うと他の門から城壁に上り、城壁を観光しながらこの博物館に行くほうがスムーズです。

この博物館は国宝級遺跡が展示されていますが、あまり宣伝しないせいか観光客がほとんどいませんでした。

西安は歴史的に世界遺産級の有形物が多い地域ですが、北京政府から発掘を禁止されていると聞いたことがあります。

それは発掘されると西安が北京よりも観光資源が増えて、中国国内での都市としての価値が逆転してしまう恐れがあるためだとか。

北京政府としては、陝西省が力を持つことを恐れているのかもしれません。

どちらにせよ、西安には観光地として有名でなくても、歴史的にすごい場所・建造物が多くあるので、散歩していると色々な遺産に出会えます。

食事はイマイチですが、歴史好きな人なら何度も訪れたくなる、今日の西安はそんな都市です。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。