ぺんぎんメモ

sponsored link

いい加減、部活の強制加入は止めてくれ

time 2017/07/22

徴兵制のようなおかしい強制力を発揮している、公立中高の部活動加入。

生徒を部活に半強制的に加入させては学校に長時間拘束し、自由な時間を奪っています。

しかも、強豪校・田舎校の部活動には、教師から生徒・先輩から後輩への暴力も目立つため、実際にそんな現場を数多く目撃してきた私は、部活動という言葉を聞くだけで嫌悪感を覚えます…。

にもかかわらず、何十年経っても強制加入が無くならないのは、政府内にも老害がいるように、学校内にも老害教師がいて、地域にも老害がいるのに他なりません。

そういう人達が子どもの貴重な時間を奪い、将来的な自主性まで狭める原因をつくっていることは残念でなりません。加入するかしないかの選択肢さえ与えないのですからね。

ご本人達は、「昔からやっていることだから今更止めるわけにはいかない」と思っているのかもしれませんが、そんなことやっていると年金のように国も破綻します。

10代の大量な時間を強制的に奪うのは異常。

そして、それが内申書に響く慣習はもっと異常。

さらに、部活動で将来のアスリートを見出そうとする文科省や教育委員会の姿勢は、異常中の異常。

別に、部活動に参加したい人はすればいいだけで、それを半強制的に加入させて、内申書にも影響させるなんて500%おかしい。

中高時代に自由な時間を設けて、自分の好きなことを探させて、熱中させて、才能を開花させる土台をつくる時間があれば、将来の選択肢も大幅に広がるはずです。

強制的な部活動加入(特に運動部)は、軍隊の基礎訓練にしかならないのでいい加減にやめるべきです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。