ぺんぎんメモ

sponsored link

「根菜類」で体内の毒を排出し身体を温める

time 2016/11/28

根菜とは土に埋まっている部分を食べる野菜のことで、ごぼう、レンコン、人参、大根、芋類などがあります。

根菜には有毒成分を体外に排出する効果があるものが多く、また身体を温める効果も備えているため、日常的に食べるようにしています。

しかし、根菜類にもGI値とよばれる数値(血糖値の上がりやすさ)が高い野菜もあり、糖尿病っ気のある人は避けたほうが良い食材もあります。その代表格が、人参、さつまいも、かぼちゃだそうです。

それゆえに、我が家では、GI値はあまり高くないが身体を温めてくれる根菜を主に摂取しています。それが下記の根菜です。

ごぼう

ごぼうは日本独自の健康食で、イヌリン、セルロース、リグニンなど有毒成分を排出をする働きをもつ成分が含まれています。また、食物繊維が豊富に含まれるため、便秘を予防するほか、血糖降下作用にも優れています。

里芋

里芋には、有毒成分を排出するガラクタンが含まれています。また、腸の調子を整える働きがあるので、慢性の便秘にも効果があるそうです。さらに、胃潰瘍を予防し、肝臓を強化するムチンも含んでいます。

レンコン

レンコンには、ペクチンという有毒成分を排出する成分が含まれています。これは、りんごやオクラにも含まれる成分です。また、レンコンには鼻血、吐血、下血、産後の出血などの血を止める止血効果があり、胃潰瘍や痔などの出血性の疾患がある場合や貧血の場合に効果があるとされています。

上記の食材には、有毒成分を除去する効果があるため、外食時に有害物質を摂った可能性が高い際(そうせざるを得ない状況)には、普段より多めに摂取するようにしています。

ただ、近所のスーパーには安全な産地のものが置いていない場合も多いので、たまに売っているときにまとめて購入し、調理・冷凍するようにしています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。