ぺんぎんメモ

香りがいい海外ホテルアメニティ(持ち帰りOK)の使い道

time 2018/12/12

上記写真は、今年泊まった際に頂いてきた香港ロイヤルパークホテル(帝都酒店)のシャンプーと、ヒルトングアム・プレミアタワーのボディウォッシュジェル。普段アメニティには関心が沸かない私も、この2つの香りの良さにはつい惹かれしまい、現地で使用した分以外は全部頂いてきてしまいました(笑)

香港のシャンプーはシャネルの香水にあったような香りで、グアムのボディウォッシュジェルは柑橘系の香り。どちらも海外アメニティによくあるような?くどさがなく、馴染みやすい香りでした。

香港、グアムとも上記2種以外にもアメニティがありましたが、他のコンディショナーやシャンプーは全く香りが違って好みでなかったのでパス…残念。もし好みの香りだったら全部持ち帰っていたかも(笑)

さて、そんなかさばる上に重いアメニティを持ち帰った訳ですが(といってもたいした量ではありませんが)、その理由は掃除に使いたかったから!

専用洗剤特有の香りが苦手な私は、トイレ・お風呂掃除にハウスオブローゼのボディソープ(ピンクグレープフルーツ)を使っているのですが、それが350mlで1000円という少々高額な品…

ゆえに、今回海外ホテルから持ち帰ったシャンプー&ボディウォッシュジェルをその代用品として使いたかった訳です。実際に使ってみると、良い香りにウットリ…はしていられませんでしたが気持ち良く掃除ができました♪

シャンプーやボディソープとして日常的に使うのは、無臭が好きな私としては気が引けますし、成分も不明なので身体への負担も心配。という訳で、海外から持ち帰った良い香りを持つアメニティは、お掃除用品として大活躍中です。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]