どうしても農薬まみれ野菜を買う場合は

これまで何度か農薬の危険性をご紹介してきましたが、腸内環境が悪化している現代人は体内に不要物質が蓄積しやすいため、より農薬の影響を受けやすくなっているそうです。

それ以外にも、農薬・化学肥料まみれの農産物には、本来含まれているはずの栄養分が少量しか含まれていないことが多く、栄養不足になるとも言われています。

しかも、無農薬野菜は時間が経つと枯れるのに対して(水に浸けると元に戻る)、農薬・化学肥料まみれの野菜は腐ります(溶けます)。

ただ、だからといって有機栽培や無農薬栽培の農産物を買おうとしても、価格や産地に不安があったりして思うように買えないことも多いかもしれません。

その場合、農薬は水に溶けるものが多いので、水でしっかり洗ったり、茹でられるものは茹でたりすることで、ある程度洗い流すことができます

そうはいっても完全に除去することは難しく、化学肥料とともに摂取してしまうこともあるはずです。

そうした場合は、農薬を体外排出してくれる根菜など食物繊維が豊富なものや、ねばねばした食材である納豆やオクラ、山芋などを摂取するのが効果的だといわれています。

それらの食材を摂取することで、多少は危険回避できるのではないかと思います。

とはいえ、できる限り有機栽培や無農薬栽培の農産物を摂取して、体における危険食材の割合を減らしていく必要があると思います。

「自分は強いから平気」「症状が出ていないから大丈夫」と自信を思っていても、体は着実に影響を受けています。

もちろん現代において健康を損なう原因は農薬だけではないですが、農薬の害は想像以上にあるようなので、避けられるだけ避けたほうが無難だと思います。

意識して食生活を営まないと、農薬(および添加物)が主食となりかねない現代日本。

できる限り農薬を体に入れない、入れてもできるだけ排出する生活習慣を身に付け、体に負担が少ない食生活を送っていきたいです。