青池よりも美しい!「沸壺の池」とその湧水で入れた「十二湖庵」の抹茶

青池は「奥十二湖駐車場」バス停&森の物産館キョロロから徒歩すぐ!の続きです。

青池を堪能した後は、ちょっと急な階段を上りブナ自然林へ。絵画の中にいるような素晴らしい自然に囲まれ、身も心も清々しい気持ちになってきます。木製のベンチがあったので、景色を眺めつつしばし休憩。

ブナ自然林でマイナスイオンを浴びまくった後は、「沸壺の池」へ。

歩いていると「十二湖庵」が見えてきましたが…あれ?「沸壺の池」はどこかな?ちょっと立ち止まってGooglemapを確認。

そうしたら、ありましたよ、十二湖庵の少し手前に「沸壺の池」への案内板が。

普通に通りすぎてたみたいです。ちょっと登って行くらしい…山登り嫌いな夫はブーブー言ってました。

大通りに面している他の湖とは違って、こうやって階段を上る必要があります(写真は登ってきた階段を振り返ったところ)。

まあ整備されているだけ有難いですが、普段運動不足だとちょっと息が上がるかも。それにしてもちょっと奥まった場所にあるので、さっきの案内板を見逃すと永遠に辿り着けないような…

そんな感じで「沸壺の池」に到着!

うわっ!綺麗~!さっきの青池より好きな青かも。ちょうど日が当たるタイミングだったのか、水面が透き通る透き通る!

青池よりも透明度高いんじゃないかな?美しすぎて終始見とれてしまいました。いやはや眼福眼福!

眼福すぎた「沸壺の池」を堪能した後は、来た道を下り、先ほどの「十二湖庵」へ。

その十二湖庵には「沸壺の池」からの名水が流れてきていました。お釈迦様がいらしたので?自然と身が引き締まります。

名水をちょっと触ってみましたが、冷たくて気持ちいい!

十二湖庵の方に、この名水で淹れてもらえる抹茶をお願いしました。何とも至福の空間であります。お値段は寄付のため自由。

大自然の中で美しい景色を眺めながら名水抹茶を吸収していたら、不思議なくらい周囲の自然に馴染んできた気がしました。これが「自然と一体になる」ということだろうか……

目の前に広がる「落口の池」を眺めながらの十二湖庵の名水抹茶、オススメです!

抹茶も景色も堪能し「落口の池」を通りすぎたら、その先にある「中の池」まで見に行きました。深緑の湖でしたね。

その後来た道を戻り、「落口の池」を過ぎて「森の物産館キョロロ」まで戻りました。

両側を常にブナ林に囲まれていた十二湖散策。白神山地に来たかった夫は、終始感動していましたよ~

「森の物産館キョロロ」手前で、こんな小さな湖「がま池」も。

「森の物産館キョロロ」を起点とした十二湖散策は、1時間ちょっとで完結。道が整備されていて名所が上手くまとまっていたので、山登りが嫌いな夫でもすんなり歩けました。手軽に白神山地を楽しむことができるオススメコースですね!

それにしても、一生に一度は来たかった青池に来られて幸せな時間でした!次回はその後に訪れた、不老不死温泉をご紹介します~