南アルプス天然水から熊野古道水へシフト中

でも書いていたように、これまでミネラルウォーターは「南アルプスの天然水」を中心に使ってきました。

自宅に浄水器を設置していないことと、以前蛇口に浄水フィルターを取り付けたら、蛇口の根元がおかしくなったこともあり、ほぼ「南アルプスの天然水」にお世話になっています。

ただ、4年くらい前からスーパーに「熊野古道水」というミネラルウォーターが販売されるようになり、そちらの方が安価なのでそれも併用して使うようになりました。

最近知ったネット情報によると、

【熊野古道水】は、天然水をUF膜による濾過のみで処理したナチュラルミネラルウォーターです。

●放射能測定あり(平成25年3月4日更新)
ゲルマニュウム半導体検出器によるγ線スペクトロメトリー核種分析でヨウ素131、セシウム134、セシウム137を測定しすべて検出なし

●検出限界値:0.5Bq/kg
●測定時間:2000秒
●測定容器:2L

●原水地(奈良県)

水 OKFOOD情報

となっていて、「南アルプスの天然水」よりも安全性が高そうなので、少しずつ自宅在庫のミネラルウォーターの割合を、「熊野古道水」多めへシフトしています。

まぁどちらを選んでもペットボトル使用品には変わりないため、体には良くなさそうですが、財力に乏しい現状では仕方ないかなと思っています。災害時には便利そうなんですけどね~

実は「南アルプスの天然水」のほうが味も良く飲みやすいのですが、販売企業が遺伝子組み換え食品を大量に製造販売しているため、心理的に「熊野古道水」を買いたい気持ちが強くなっているのもあります。

ただ、夫がそのまま飲む用として「南アルプスの天然水」も必要そうなので、その分は今後も在庫し続ける予定です。

で、「遺伝子組み換え食品を販売する企業の商品をなるべく買わないようにしていきたい」と言いつつ、日々の惰性でほとんど実行できていませんでした。

そのため今後はミネラルウォーターだけでなく、お菓子作りで使用しているジャムも違う企業の商品へ替えようと思っています。

また、今使用している「信州味噌 無添加 天地返し仕込(契約栽培大豆、国産米、天日塩)」「超特選むらさき(チョーコー醤油)」で使われている大豆も、「遺伝子組み換えでない」との記載がありますが、、、

遺伝子組み換え大豆を大量栽培中である、アメリカ産もしくはカナダ産である可能性が高いため、今後は国産大豆100%味噌や醤油へ替えていきたいと思っています。

今の自分ができる範囲での行動になりますが、未来に希望を生む選択を続けていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
食良品
ぺんぎんメモ