自宅ミネラルウォーターは「南アルプスの天然水(サントリー)」

体の大部分を占める水は、とても重要なもの。海外セレブや一流スポーツ選手などが、最高級の水を飲んでいることからもそれは明らかです。

近年は水道水の危険性から、日常的にミネラルウォーターを使う家庭が増えていますが、私も約10年前から自宅に常備しています。

日本産ミネラルウォーターだけでなく、アメリカ産やフランス産のものも飲んできましたが、どうやら全部が全部安全であるとはいえないみたいで…

以前はクリスタルガイザーとボルビックを交互に買っていましたが、安全性に疑問が出て以降、サントリーの「南アルプスの天然水」を買い続けています。

自宅近くのスーパーで1本67円(税抜)で売っていて値段的に安いこともありますが、ゲルマニウム半導体検出器を使ったセシウム134・137の検査を行っていることが決め手です。

放射性物質の検出限界値設定が1ベクレル/kg(天然水)なので、もしかすると微量の放射性物質が含まれているかもしれませんが、一応現在まで検出されていないそうです。(サントリーHP)

とはいえ、ペットボトル飲料には色々と問題もあるので、将来的には紙パックの水(四国山地のもの)を購入したいと考えています。

ただ、神奈川県から注文すると高額……なので当分は「南アルプスの天然水」を買い続ける予定です。

ミネラルウォーターは日常的な飲料として以外にも、炊飯、鍋物、汁物などの料理にも欠かせないため、大量に買ってもすぐに無くなってしまいます。

ただ、配送してもらうと高額になるので、元気なうちは筋トレだと思って周辺スーパーで買い続けようと思っています。