ぺんぎんメモ

sponsored link

明治政府が「変体仮名」を使用禁止にしたのは

time 2017/05/06

江戸時代まで使われていた「変体仮名」は明治以降使用が禁止されました。

そのため、現代人のほとんどが江戸時代に庶民の間で読まれていた読み物を読むことができません。

変体仮名の代わりに広く使われるようになったのは「カタカナ」です。理由は平仮名よりもカタカナが、それまでの法的な用途で使用されていたからだとされていますが、明治政府が都合のよいように変えたのではないか?と思っています。

「変体仮名」の使用を制限したのは当時の文部省で、それを一般社会が歓迎したために、またたく間に学校教育以外にも普及したと言われています。

とはいえ、なぜ明治時代のタイミングでそれまで使っていた変体仮名を使わせないようにしたのか?

私はその理由を、江戸時代の庶民生活の実態を明治以降の庶民が簡単に知ることができないようにするためだと思っています。

明治以降、国を支配・統治している層からすれば、江戸時代の庶民生活の暮らしぶりが良かったことを、明治以降の庶民に知られることは何かと都合が悪いはずです。

焚書坑儒的な感じで江戸時代前の文字を読めなくしたのは、そういった意図があったのではないでしょうか?

とはいえ、現代の博物館や資料館などに展示されている江戸時代前の資料が、多くの庶民にとって解読不可能なものであるからこそ、展示できている面も(税金をかけて)あるかもしれません…。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。