行司千絵さんの服が素晴らしすぎる

出典:https://www.kurashi-no-techo.co.jp/blog/editorsnote/170127

図書館で見つけた、『暮らしの手帖 86号』に掲載されていた「行司千絵さんの洋服世界」という記事。掲載されていた服のあまりの美しさ・素晴らしさに、ページを凝視してしまいました。

行司さんは奈良県在住の会社員だそうですが、週末に食卓の上でミシンを使って服をつくっているんだそうです。つまり、専業でつくっているわけではなく、休日に趣味でつくっているだけ!

スゴすぎる…

約10年前に自分で着る服をつくり始めてから、お母さんの服や友人知人の服をつくっていたら、その数がいつのまにか200着を超えていたらしい……驚愕!

行司さんのすごいところは、これだけ素晴らしすぎる服の数々を生み出しながら、服づくりや洋裁を一切習ったことがないということ!

見よう見まねで洋裁の本を参考にしただけで、こんな素晴らしい服がつくれるなんて天才としか言いようがない…

でも逆に言えば、だからこそ独創的なデザイン・色・生地を組み合わせた素晴らしい服がつくれるのかもしれません。

また、もう1つ行司さんに惹かれた部分は、海外に行った際、その街の手芸店で布や糸などを購入していること!

行司さん宅には、そんな旅先で買い集めた布や糸が大量にあるのだそうです。作られた服から日本国内にはない風合いを感じるのは、そのせいかもしれません。

旅先でも布や糸のことを考えているのは、それだけ好きな証。休日限定とはいえ、自分の好きなことに邁進し追求し続けている行司さんは、とても魅力的で素敵な方だなぁと思いました。