退職を伝えてから辞めるまでの半年間は耐え難い日々だった

以前、勤務した会社を辞める際、上司に退職の意思を伝えてから退職するまで(有給消化に入るまで)の約半年間が地獄のような日々でした。

退職の意思を伝える際、すでにギリギリの体力気力状態だったのですが、退職を伝えた後はそれを超える苦しさが続きました…

退職を伝えた後も周囲の対応に変化がなかったことは有り難かったですが、自分の気力が一杯一杯の中出勤するのはとても辛いことでした…引き継ぎもよくできたなと思います。

今考えると、それは当時続いていた激務が原因の、鬱状態だったんだろうと思います。

が、その時は「何でやる気が出ないんだろう?」と疑問に思うだけでした。酷い歯痛を発症し、仕事を含めた生活全てが億劫になっていました。

そして、その苦しみは残業労働から解放されて定時退社をするようになっても、全く解消されませんでした。

おそらく職場と繋がっているだけで精神的な負担を覚えるくらい、もう何もかも疲れ切っていたのだと思います。

そんな半年間を経て有給消化に入り、出勤しなくて良くなった時は、それまでの歯痛が嘘のように解消したから不思議なものです。

ただ、働かなければならない状況だったので、なけなしの気力体力で転職活動を行いました。

その結果、いくつか内定をもらうことができましたが、内定をもらった瞬間、現実的に働き続けるのが無理だと気付き、どの会社の内定も辞退してしまいました。

その後気力を振り絞って入社した会社もありましたが、それまでなら耐えられた少々の理不尽にも耐えられない弱い自分になっていたため、すぐに辞めてしまいました。

その時「自分にはもはや社会復帰は無理だろう」とさえ思ったものです。

が、それ以降いろいろな仕事をしながら、少しず本来の感覚を取り戻しつつあります。最近では、またバリバリ働こうかとも考えています。

過去の耐え難い日々を教訓に、今度は無理せず働く気持ちでいますが…気力体力とも余裕のある状態を保てるのか分からないため、試行錯誤しながらになりそうです。