ぺんぎんメモ

昨年より血圧が30近くも下がった夫

time 2018/08/29

夫が今月行った健康診断の結果が出て、血圧値が昨年より30近く下がっていたと言って驚いていました。

どうやら昨年は上が149だったのが今年は121になっていたらしい…血圧は歳を重ねるほど上がると言われているので、1年で30も下がるのは確かにビックリです…大丈夫なんだろうか…

私自身幼少期から低血圧で汗っかきで辛いもの好きなので、天然塩を大量摂取する食生活を継続してきましたから、夫が高血圧とは知らず塩辛い食生活を継続してきました。

ゆえに血圧が30近く下がった要因は不明ですが、塩分のせいでないことは確か。お酒を飲まなくなって数年経ったことや、規則正しい生活で野菜を多く摂るようになり、退職してストレスも減ったことなどが要因だと思いますが、真相は不明…

もしかすると、糖尿病を治すためにここ2年間食べ続けている糖尿病の特効薬「あずきカボチャ」が効いたのかなとも思いますが、分かりません。

徐々に血圧基準値を下げる厚生労働省の不思議健康診断を受けないほうが健康で長生きする事実でも書きましたが、血圧正常値はあってないようなものです。

日本高血圧学会は正常血圧値をコロコロ変えているし、厚生労働省は医療業界への天下り先を増やしたいが為に、高血圧基準値を低く設定し大量の降圧剤を使わせています。その他病人が増えれば増えるほど儲かる組織からすれば、高血圧患者が減ると薬が売れなくなって困る。

それゆえに、正常血圧値を年々低く設定しているのです。でも、色々な本を読むと、実際は低血圧の方が様々な病気になりやすく危険…だからこそ今回の夫の血圧値下落は心配です…

でも今1番心配なのは異常に高い血糖値なので、とりあえず血圧値は気にせず血糖値下落を目標に、今後も日々の食生活や運動に取り組んでいきたいと思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]