ぺんぎんメモ

血圧基準値を下げる厚生労働省の不思議

time 2016/08/11

最近の研究で、高血圧よりも低血圧の方が病気にかかりやすいことが分かってきました。どうやら、血圧が下がりすぎると脳への血液量が減少し、めまいや立ちくらみなどを起こしやすくなるみたいです。また、脳の神経細胞に十分な酸素や栄養分が送れないために、思考・判断能力の低下につながるというのです。

低血圧の危険性

2006年にアメリカの研究者グループが、35万人を対象に25年間追跡調査した結果と結び付けています。

血圧と死亡原因の関係性を探るための大規模調査でしたが、転倒・転落事故、自動車事故、自殺などの死亡率と病気以外の死亡率が、血圧が低くなるにつれ増えていったという結果が出ました。

血圧が低すぎることでバランス感覚や判断力の低下を招き、こうした結果が生まれたのかもしれないと多くの医師が指摘しています。

高血圧の基準値を引き下げる厚生労働省

そうやってアメリカでは低血圧の危険性が認識されつつありますが、日本では全く反対の動きが起こっています。

これまで声高に「高血圧は悪」と叫んできた厚生労働省と医療関係者ですが、今度は高血圧の基準値自体を下げ始めました。どうやらWHOが血圧基準値を下げたので、それに沿った形のようです(WHOのバックには多国籍製薬会社がいるのかな)。

低血圧患者が増えて高血圧患者が減ってしまうと、降圧剤を投与する人が減ってしまい儲からなくなってしまいますからね。抗がん剤と同じく、莫大な利権をもつ降圧剤を投与する人間を減らすわけにはいかないので、血圧基準値を下げて高血圧患者数を維持しようとしたわけです。

そう推測できるのは、「減塩は危険、天然塩をしっかり摂取する生活」でも書いたように、高血圧と塩分には因果関係がないと分かり始めてからも、厚生労働省が減塩を推奨し続けてることや、塩分よりも糖分の方が多くの病気を誘発するにもかかわらず、減糖を推奨しない現実があるからです。

血圧が異常に高くなければ気にしない

もちろん、現実問題として命に関わる異常な高血圧患者もいるでしょうが、ごく一部でしょう。それなのになぜ厚生労働省は国民にとって害になることばかりするのか??

原発事故時もそれ以降の対応も国民を守ろうとするより、異常なまでに経済優先対応を貫きました。そんな姿勢から見えるのは、国民の命よりも経済優先(自分の仲間内だけ儲かればいい)の思想。

ゆえに、健康診断を受けて高血圧であるという指摘があっても、あまりに高すぎる数値(200~)でない限り、真剣に受け止めない方が賢明だと思っています。

高血圧だからと様々な投薬をされてしまったら、多くの薬の副作用と同様、せっかくの健康な体も病原菌に冒されてしまう危険があるのです。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]