ぺんぎんメモ

引っ越しの多い人生で感じる住>食>衣の順番

time 2019/01/23

引っ越しを重ねて30代となった今、20代までとは違った価値観で生活するようになりました。それは単純に歳だけではなく、生活環境や身体の変化によって価値観が変化したこととも関係しているかと思います。

20代までは見た目重視の「服飾品」にお金をかけてきましたが、最近では自分が心地よく過ごせる「住まい」を最重要視するようになりました。

今の住まいは富士山が見える場所に位置しているので開放感があり、それが快適さに繋がっているのかなと思います。日当たりは良くありませんが、自分の優先順位では気にならない部分のようで、現自宅に住むようになってから初めて自宅で過ごす時間が好きになりました。

それまでの住居はほぼ居心地が良くなく、いつも落ち着かない気持ちがしていました。住宅自体が良くなかったのか、立地がイマイチだったのか、自分に問題があったのか、その全てが原因なのかは不明です。ただ、自宅で過ごすよりも外出したい気持ちが強くなる住居ばかりでした。

でも現自宅は外出するよりも自宅で過ごしたい、と自然に思えてしまう空間で、引っ越しばかりしてきた私がどれだけ居ても飽きませんし、生活必需品以外での外出意欲が失われるほどの自宅です。

そんな住まいのせいか、外食するよりも自宅で食べるほうが快適になり、旅行時以外の外食はなくなってしまいました。これは外勤している時には考えられなかったことです。

外勤していると料理を作るだけでなく、メニューを考えるのも大変になり、それに合わせて貴重な休日に買い物へ行くことさえ、疲れます。仕事帰りの夜10時のスーパーには生鮮食材なんてほとんど残っていませんから…夫に買い物を任せるか、不安であれば休日に自分で買い出しするしかありません。疲労困憊になるとそれができなくなり、外食することとなるのです…

でも現在は前もってメニューを決めておき、週2回スーパーで買い出しして食材をまとめ買いすれば良いのでラクです。私の場合、週に何度もスーパーへ行くと余計なものを買ってしまうので、このまとめ買いは大きな節約ポイントです。時間帯・曜日によっては、お買い得価格で売っていることもありますし。

自炊すると、そんな風に節約になるだけでなく健康にも繋がります。可能な限り安全食材を選ぶことができますからね。

ちなみに、最近は半額になった餃子の皮を買うことを楽しみにしています。元値が100円少々なのでたいしたお買い得感はないかもしれませんが、それでも毎回半額で買っているとチリツモ得です。毎回冷凍しておいて、使用日前日に冷蔵解凍すれば変わらず使えるので気に入っています。

そんな訳で、衣・食・住の中でも快適な「住」の確保は最重要です。現自宅に住む以前から「食」にはこだわっていましたが、疲労が蓄積してしまうといくら食生活に気を付けていても住環境の不快感で、健康な精神状態を維持しにくくなります。

ただ「食」も軽視すると、このブログで幾度となく書いてきたように不健康な身体となってしまうので、ないがしろにはできません。ちなみに、「衣」はそこまで良質な品を着ていなくても現状無害のようなので(そう見えるだけかもしれませんが)、「住」「食」よりは軽視しています。

そんな訳で、20代の頃に衣>食>住だった優先順位は、30代になって住>食>衣へと変わりました。2年に1回ペースで引っ越しを繰り返してきた私が、5年も同じ場所に住んでやっと気付いたことです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]