ぺんぎんメモ

江戸時代から続く「共同体のために個人が犠牲になる」日本社会

time 2019/01/22

江戸時代庶民は現代庶民よりも自由に暮らしていた5つの理由でも書いた江戸時代の日本社会。その中で、当時来日したイギリス人のローレンス・オリファントが『エルギン卿遣日使節録』で指摘した、「個人が共同体のために犠牲になる日本」という表現がずっと引っかかっていました。

江戸時代からそうだったのか?と。

日本国憲法では基本的人権・国民主権・平和主義の前に、まず個人の尊重が定められています。が、現代日本社会で、共同体よりも個人が尊重されている印象は受けません。

そんな「共同体のために個人が犠牲になる」日本社会では、社会を円滑に運営していくためであれば、個人は最大限に無視されます。人権無視の過労タヒや、自ら命を落とす人々が多いのも、もしかするとここからきているものかもしれません。

そして、子どもや女性、高齢者の社会的地位が低いのも、日本社会が年配男性中心社会であるからだけでなく、現社会を円滑に運営していくためにそうなってしまっているのかもしれません。共同体のためなら個人はいくらでも犠牲にできるんですからね。女性の地位が向上すると、現状の日本社会では何かと円滑に運営できなくなって都合が悪いんでしょう。

さらに、会社組織では日々の業務を最低限の人数で円滑に回すために、個人の事情はないがしろにされます。自身が重症な体調不良でも家族に何かあっても、仕事のために個人は犠牲にされてしまうのです。

それが昔から数百年続いてきた文化なので誰もやめられないし、その文化を捨てたければ「共同体よりも個人を大切にする社会」へ移住するしかありません。日本社会では、どれだけ所属社会のために自分を犠牲にしたかが重要なのですからね……赤ちゃんだって社会のために泣く自由を規制されるくらいですから。

私はこれまで、日本社会にはびこる人権無視風土は経済中心社会であることが原因だと思ってきました。儲かれば人権なんてどうでもいいという風に。

確かに、経済中心社会であることもその原因の1つだと思いますが、それだけでなく日本社会で数百年続いてきた、この「共同体のために個人が犠牲になる文化」も原因ではないか?と最近思うようになりました。

おそらく数百年間この日本社会では、各集落・各家を存続させるために個人が犠牲になってきたのでしょう。それでも江戸時代までは、各集落・各家で個人が生まれながらにして得られた恩恵(それなりの自由)があり、犠牲になっている意識はなかった。

けれども、開国して各集落・各家を存続させる意味が薄れてきたことで、それまで個人が受けていた恩恵がすっぽり無くなってしまい、逆に犠牲になることが多くなってしまった。各集落・各家で「恥」となる行動を個人に規制し、それが西洋化や軍国化にそぐわない行動として国家レベルにまで広がっていった。

江戸時代までであれば各集落・各家という共同体に属していれば個人の自由は守られたのに、明治時代以降はその自由が守られなくなっただけでなく、例えばその共同体における画一性を乱せば、「恥」という形で所属している共同体から制裁を受けることにもなってしまったのです。

持っていた文化を明治時代へ移行する中で、各共同体から守られていた個人がいきなり放り出されたわけです。社会のために。

ゆえに、いくら憲法で「個人の尊重」が定められようとも、慣習法並みに強固な数百年続く文化を捨て去ることは不可能に近いはず……現状、人権無視社会を脱するためにできることは、個人の自由を守るために各共同体に対する規制をかけることくらいではないでしょうか?

人権無視問題の原因はかなり根深いところにあると気付いて呆然としましたが、江戸時代から変わらない日本人の性質4つでも紹介した、「付和雷同を常とする集団行動癖」という日本人の本質を利用すれば、案外そんな文化も捨て去ることができるのかもしれません。

コメント

  • まあ結局はバランスの問題になるんだろうけどね
    自由を認めすぎても法律に触れなきゃ何やってもいいのかとなるとそれは違うだろうし、自由を制限するとそれもまずい
    日本があまりにもバランスが悪いのかどうかは他との比較がないとなかなかわからないと言うか

    by deefe €2019年1月22日 8:56 AM

    • 確かに…難しいですよね。
      これだけ情報が溢れている中で、個人に自由を許容しずぎるとそれはそれで危険な気もします。

      by ぺんぎん €2019年1月22日 7:52 PM

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]