ぺんぎんメモ

十分な貯蓄がない限り、このまま日本で生活していくのは危険かも

time 2019/05/28

数日前に年金崩壊を国が認めましたが、その原因は少子高齢化や、徴収したお金をグリンピア建設や株式運用で失っただけでなく、長期的な視点を持たずに各県のインフラ、ODA、アメリカからの欠陥武器購入などに税金を投入していたことにもあると思います。日本の貧困率が上がっているのに、他国や国連にお金をバラまくなんて誰が見てもおかしいんですよ…

日本はいつからか、真に国の将来のことを考えて働く役人や政治家は消されるようになってしまい、対米隷属スタンスで外資系企業に日本を売り渡したり民営化したりする人が上層部にのさばるようになってしまいました。その結果、日本庶民の暮らしはどんどん貧しいものになっています。

そんな社会で生き続けていれば余程の金銭的余裕がない限り、遅かれ早かれ生活は立ち行かなくなり、私のように弱小胃腸の持ち主は気力・体力ともに崩壊することは目に見えています。その頃になっても国は言うんでしょう、「皆苦しいんだから我慢しろ、皆貧しいんだから我慢しろ」って。

確かに、地政学的に見れば対米隷属が仕方ない面もあるかもしれませんが、国民の生活と命をないがしろにし続ける国は明らかにおかしいです。税金はどんどん上がるのに、弱者切り捨ての構図は変わらないんだから。

小泉・竹中時代に雇用形態が激変した結果、「給与・待遇は正社員よりマイナスなのに、仕事量・責任は変わらない」という雇用形態が激増して、諸外国ではあり得ない劣悪労働が当たり前となっています。一方、正社員であってもサービス残業は当たり前でいまだにブラック企業が多い上、給与・待遇は現状維持か下がる一方です。

にもかかわらず、物価上昇は続くという事態に陥っているため、生活は苦しくなるばかりです。その流れは今後も続くか、さらに悪化していく気がしています。

それでも、これまでは年金を信用していた部分もあって、将来的に(セミ)リタイア生活を日本で送るのもアリかなと考えていました。が、先日の金融庁による自助努力提言以降、自分の中で何かが崩れていくのを感じました。

「高齢社会である現日本を客観的に見た時、私よりも上の世代である40・50・60・70・80・90代以降が実権を握り続けている限り、若者を酷使する構図や問題先送り姿勢は変わらないから、今後私が生きている間に社会が改善される見込みは薄い。このまま日本で生きていると将来的に酷い目に遭いそう…」と打ちのめされてしまったのです。

もちろん、上記世代から恩恵にあずかれる場合や十分な貯蓄がある場合は、このまま日本で暮らしていても良いのかもしれません。ただそうでない場合は、「日本人としての誇りは持ちつつも海外移住or海外出稼ぎすべきかも」と思い始めています。

日本企業数社で働き結婚して数年経った30代の私が今思うのは、「人生のできるだけ早い段階で、英語力と何か1つの得意分野を身に付けていれば…」という後悔の念です。日本に住んでいても優遇されるのは富裕層と米軍人だけですから、英語力を磨いて一刻も早く海外移住します。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]