食べたいものをしっかり食べるのが1番だけど、大半が体に悪いもの

相変わらず食が細い日々ですが、、、仕事へ邁進するためには、しっかり食事をしてエネルギーを得る必要があります。

そんなわけで、最近はもう食べたいものを片っ端から食べることにしています。

先日は、夫が三方六とデニッシュパンを買ってきてくれたので、それを連日むしゃむしゃ食べていました。植物油脂・乳製品使用品ですが、何も食べないよりはマシな気がしています。

あとは、運動不足解消のために30分以上歩いて、行列必至の中華屋さんへ行ってきました。

開店時間に合わせて到着したおかげでスムーズに入店でき、食べたかった炒飯・餃子・味噌ラーメンを思いっきり堪能してきました!このお店では、毎回ほぼ同じものを食べている気がします。

他には、昨年からハマっているバーキンのプラントベースワッパーを再食!テイクアウトして野菜をたっぷり挟んで食べると激旨です。

さらに、天然酵母のパン屋さんでパンを大量購入したり、お餅が食べたくなったのでレトルトぜんざいと一緒に購入したり。

ぜんざいは、初心者におすすめ!抹茶セット(茶道具)でたてた抹茶と共にいただきました。今回は、前回よりも美味しくたてられたようです(夫談)。

また別の日には、無性に豆乳が飲みたくなったのでふくれん 九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳を買ってきて、ココアを作って飲んだり、コーヒーに入れたり、豆乳きなこ黒蜜ゼリーを作ったりして思う存分摂取しました。

仕事でエネルギー消費が激しいので、睡眠と筋トレだけでは体がもちません。

そして、疲れると一風堂の赤丸を欲する習慣も直りません、、、

できる限り体に負担が少ない食品を選びたいのですが、必要なエネルギーを摂取するためには、食べたいものを食べることも時には必要だと感じています。

とはいえ、個人的に疲労困憊時やストレス蓄積時に欲する食品は、体に悪いものが多くなってしまうので、そうした環境に身を置くこと自体間違っているのかも、と思うところが増えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
疲労回復、不調改善
ぺんぎんメモ