ぺんぎんメモ

居心地・食事・温泉に大満足!伊豆「熱川大和館」宿泊記・前編

time 2021/02/15

チェックインは15時。「熱川大和館」到着後は旅館の方が出迎えてくれて、おしぼり、お茶、お菓子を出してくれます。お菓子は売店で売っている「伊豆の渚」。こういうホッとできる、ちょっとした時間が嬉しい♪

ちなみに売店すぐそばには、地元産の瓶牛乳自販機があり、牛乳・コーヒー牛乳・フルーツ牛乳などが買えます。

その後、旅館の方が宿泊に関する説明をしてくれて部屋まで案内してくれます。あと決まった時間内にお願いすれば、ロビーで抹茶のサービスもしてくれるんですよ~

このお部屋は露天風呂が付いていないタイプですが、広々とした一部屋タイプ(なおかつ露天風呂付き)は居心地が最高です!お部屋の洗面所とお風呂のお湯はすべて温泉なので、冬場にお湯を出す際は少々時間がかかることも。

露天風呂が付いていない部屋に宿泊する場合には、屋上にある天空露天風呂か2階にある風呂を申し込んでいます(有料)。時間前にフロントで鍵を受け取りに行く必要がありますが、180℃海が見えて開放感があり絶景なのでオススメです(少し寒いですが)。

天気がいいといくつか島も見えます。景色を楽しむなら、午後~夕方までに利用するのがオススメ!

夜は真っ暗だし、朝は寒いのとせわしないのとでお勧めはしませんが、朝の景色はこれまた美しいです!

ちなみに屋上にあるので周辺の旅館も見渡せます。まあ、あちらからも見えているかもしれませんが…

温泉から出たらまず1杯!

その後夕食へ。数年前まで夕食処は地下だったように記憶していますが、最近は常に1階。便利になりました。

夕食内容は宿泊プランによって異なりますが、アワビを含めた海産物から、しんじょの揚げ物までどれも美味しいです。

写真には写っていませんが、金目鯛の煮付け、漬物、味噌汁以外に白飯もありました。毎回お腹一杯ですが、大満足の美味しさです!

あ、デザートもありました。

夕食後数時間経ってから大浴場へ。大浴場は2階にあり、男女とも露天風呂が気持ちいい!夜の男湯が朝の女湯になりますが、その露天風呂の種類が豊富で面白いです(普通の露天風呂のほか、ジャグジー、ジェットバス、薬湯、ひのき湯がありました)。

お風呂から上がると旅疲れと温泉疲れからかそのまま夢の中へ…そうすると早起きできるみたいで、日の出とともに起床。朝食までに時間があれば、大浴場の温泉へ行くことも多いです。

朝食も和食で、サラダや海苔などはセルフサービスになっています。

朝食後はコーヒータイム。

決まった時間内ですが、ロビーではコーヒーのセルフサービスが実施されています。ここでまったりするのも好き♪

ちょっと散歩したければ、旅館出入口にある専用サンダルを借りられます。部屋からスリッパで出てきても、勢いそのままに外へ出られて便利♪

温泉に浸かって体が温まっているせいか、どの季節に来ても朝の海風は気持ちいい!

そんな感じで長くなってしまいましたが、次回は露天風呂付の部屋に泊まった時の写真を載せたいと思います。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]