ぺんぎんメモ

言葉より行動を信じると生きやすくなる気がする

time 2017/01/18

閉鎖的村社会の日本では、村八分にならないために周囲の人と上手くやっていこうとして、人の言動に踊らされ、損な役回りを押し付けられている人が多くいます。かくゆう私もそうでした。

それは、その人自身が八方美人であることや、人との衝突が嫌いなことが原因でもありますが、1番は周囲の言葉に踊らされて(行動より言葉を信じてしまう)引き受けている場合が多いようです。

やらなくてもいいことは断る

でも、やりたくなければ無理してやる必要はない訳で、無理してやっていると疲れるだけでなく、徐々に自分を失っていき、その無理している雰囲気が周囲にも伝染していきます。

それは、自分がやりたくてやっている訳ではないからです。ゆえに、世間体を気にして不要な役割を担う必要はなく、思い切って断る勇気が必要です。

もしも、そうした役回りを周囲に押し付ける人がいたら、その人の行動を観察してみます。ほとんどの場合で、こちらを労っている・心配しているなどと口では言っていても、心では「上手く言えば騙せる」と思って見下している場合が多く、その人自身は行動しません。

そうした人は、利用できるものは何でも利用し、常に都合の良いように人を動かして、周囲に甘えて生きています。

周囲の人間の行動を観察する

そんな人が周囲にいればいるほど、自分の好きなことではなく不快なことばかり任されるようになり、疲れ果てるまで搾取されて、結果として自分の人生を生きられなくなります

そして同時に、自分を失い、周囲の人まで不幸にしてしまう気がします。

しかしながら、思い通りに人を動かそうとする甘えた人は、行動で判断できる人(言動ではなく行動で本質を見抜ける人)を苦手としているため、直接ハッキリ言う人や「言ってたことと違うんじゃない?」と指摘してくる人には弱いのが特徴です。

要らないと言っているのに自分が不要なモノを他人に無理やり譲渡する人や、自分は何もしていないのに人のことばかり批判する人、「身体が心配だよ」と言いつつ外出や用事を強要する人は、こちらの状況を理解しようともせず、相手に甘えてただ自分の要求だけ通そうとする人なのです。

私自身、人を言葉ではなく行動で判断しているうちに、不快な気持ちになる人間から離れることができ、そのおかげで自分が生きたい道を進めるようになっています。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]