『日本が売られる』⑫枯葉剤と遺伝子組み換えトウモロコシを世界一食べている日本人

ひつこいようですが、どうしても書き留めておきたいことなので、引き続き『日本が売られる』(堤 未果、2018)から引用します。

2018年3月。欧州委員会はバイエル社のモンサント社買収を条件付きで承認、4月にはロシア政府、5月にはアメリカ政府が承認し、ついに2018年6月、世界最大級の化学・農薬独占企業が誕生した(p74)

問題になっていた、グリホサートに耐性を持つ雑草の出現については、さらに強力な除草剤「2,4-D」で枯らせば良いという結論になった。「2,4-D」はモンサント社がベトナム戦争時代に製造していた枯葉剤の主成分で、これならグリホサートが効かなくなった雑草でも、間違いなく全滅させられる(p74)

枯葉剤の主成分である「2,4-D」を製造禁止にしないどころか、除草剤として使用・販売し続けているところに、モンサントという会社(2018年6月以降はバイエル社)の残虐さが分かります。

雑草に耐性がつくたびに、さらに強い除草剤が必要になり、その使用量も増えていくことになりますが、巨大利権を手放したくないグローバルアグリビジネス企業は、そんな農薬使用量増加による自然環境や各生物への悪影響などは考えないようです。

自然環境や各生物にも、雑草と同じくらい耐性ができるのならまだマシですが、食物連鎖ピラミッド下層にいる雑草と、人間も含めて上層にいる各生物とでは、生物濃縮によって蓄積量が異なるため不可能に近そうです、、、

また、農薬や除草剤などの化学薬品が大量に染み込んだ土で育てた農産物は、農産物自体に殺虫成分が染み込んでいる遺伝子組み換え作物も含めて、安全とはいえません

ベトナム戦争が国民の大きなトラウマとなっているアメリカでは、「ベトナム戦争で被害を出した枯葉剤」をトウモロコシにかけることへの反発が強く、承認プロセスはなかなか進まない。(p74)

そんな中、日本政府は枯葉剤と枯葉剤耐性遺伝子組み換えトウモロコシをあっさりと承認し、速やかに手続きを完了したのだった。(p74)

2012年に、日本政府が枯葉剤と枯葉剤耐性遺伝子組み換えトウモロコシを承認したのもショックでしたが、バイオインダストリー協会によると1995年からすでに、遺伝子組み換えトウモロコシと大豆が輸入されていることを知り、衝撃を受けました、、、

我が国への作物別主要輸出国と最大輸出国における栽培状況の推移 農林水産省を見ると、近年も大量の遺伝子組み換えトウモロコシが輸入されており、主な輸入先はアメリカ、ブラジル、アルゼンチンとなっています。

しかもトウモロコシだけでなく、遺伝子組み換え大豆(主な輸入先:アメリカ、ブラジル、カナダ)、遺伝子組み換え菜種(主な輸入先:カナダ、オーストラリア)、遺伝子組み換え綿(主な輸入先:アメリカ、ブラジル)も大量輸入されています、、、

輸入トウモロコシ、輸入大豆、輸入菜種、輸入綿の90%以上は遺伝子組み換えだと言われているため、それらで作られた飼料、食用油、食品、添加物などはすべて遺伝子組み換え食品ということになります。

さらにショックなのは、枯葉剤の主成分である除草剤「2,4-D」がトウモロコシ以外の農産物にもすでに使用されていることです、、、

2018年5月9日。厚労省の「農薬・動物用医薬品部会」は、除草剤「2,4-D」の残留基準値を大きく緩めることを提案した。これによって、小麦、大麦、ライ麦においては今までの4倍、りんごと西洋なし、ジャガイモやレモンなど、その他複数の農作物に対しても枯葉剤の使用量が今より増えることになる。(p75)

厚生労働省 2,4-D案を見ると、除草剤「2,4-D」は農産物全般に使用されているようで、上記農産物以外にも、さとうきび、いちご、ベリー類などの残留基準値が緩和されていました、、、

それと同じくらい驚いたのは、お肉、卵、乳、水などの残留基準値も記載されていたこと。

どうやら畜産飼料の80%を輸入に頼っている日本では、農薬(除草剤「2,4-D」も含めて)まみれの輸入トウモロコシ飼料を食べている家畜が多いため、それらの残留基準値も高く設定しなければならないようです、、、

また、農薬は長年、井戸水や水道水にも混入していることが分かっているため、生活水にはほぼ入り込んでいると見ています。

除草剤「2,4-D」だけでなく、

ネオニコチノイド農薬もグリホサート除草剤も、どちらも遺伝子組み換え作物と切っても切れない関係だ。遺伝子組み換え種子はネオニコチノイド農薬で処理され、作付けされた後は、雑草を枯らすためにグリホサート除草剤がかけられる(p76)

からです。

結果、農薬の大量使用は避けられず、そのうちグリホサート除草剤が効かなくなった雑草に対して、除草剤「2,4-D」が大量使用される日も近いと思っています、、、

「今だけカネだけ自分だけ」のビジネス論理では、疑いは晴らすのではなく見せないことが、最もコストパフォーマンスに優れた解決法になる。(p79)

販売ターゲットを、その商品についてのマイナス情報を持っていない国の顧客に絞るのだ。(p79)

結果、いつのまにか日本は世界一の遺伝子組み換え食品輸入国となってしまいましたが、その原因は、売国政府と売国官僚、売国政治家、売国企業の存在以外に、報道機関が機能していないことや、思考停止国民を量産する教育、仕事中心の風土などにもあると思います。

また、日本では反対の声が大きくなる前に、日本政府が形式的なパブリックコメントを行うだけで、強行突破することが常態化していることも原因だと思います。

また、重要な情報は英語である場合が多いため、日本人が情報を得にくい環境も原因の1つかもしれません。

今後より多くの日本人が今起きている問題を知り、遺伝子組み換え食品だけでなく農薬や除草剤による健康被害や農地への悪影響を認識していかなければ、想像を絶する危険な生活環境になると思います、、、

枯葉剤を食べさせられているにも関わらず、それでもなお「国が検査しているから安全」「例え毒でも食べられるだけ有難い」と思えるのなら、それは家畜と変わらないと思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
言いたい放題
ぺんぎんメモ