からだを守る生活

松江城内に展示してあった「伊勢物語」

time 2017/05/15

伊勢物語は、平安時代に書かれたとされる作者不詳の歌物語ですが、先日松江城の天守閣内を見学中に、その伊勢物語の写本が展示してありました。こちらは、宝山院(松平綱隆)と養法院(松平綱隆の側室)によって書かれたもの。

そして、もう1つの写本は誰が書いたのか説明されていませんでした。とにかく、藩主が側室とともに文学に親しんでいたことが伺えます。江戸時代までこうして変体仮名が使われ、平安時代の物語を原書で読めていたことが羨ましい!

松江城に行った際には、こうした貴重な展示品が多くあるのでじっくり見学されることをオススメします。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


はじめに

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住。いろいろな有害物質から体を守るため、玄米・味噌・わかめ・天然塩中心の食生活をしています。ただ、制約がありすぎると続かない性質なので、旅などしながらほどほどにやっています♪ [詳細]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。