ぺんぎんメモ

sponsored link

北京世界遺産「明の十三陵」はすごかった③定陵博物館

time 2017/06/25

昨日、「明の十三陵」の中で唯一発掘されている「定陵」の様子についてお伝えしましたが、今日はその定陵の地下宮殿から発掘されたものが展示されている「定陵博物館」の様子についてお伝えしたいと思います。

定陵の地下宮殿内に納めてあったもの(文革時に紅衛兵に奪われたもの以外)は、ここに保管・展示されているようです。以下、写真のみ。

 

どれも精巧に作られた美しい服飾品でした。

ちなみに、博物館で「定陵」を発掘する際の映像を見たのですが、発掘作業員が素手で発掘していました!

その様子を見てとても中国らしく思いました(笑) 日本であれば最低でも手袋をはめるでしょうね、文化財のためにも自分達のためにも…。

そんな考古技術が未成熟な中での発掘のために、大量の文化財の破壊を招いたそうです。

例えば、密封状態で保存されていた衣服などの繊維を、発掘後無造作に地上に放置したため、急速に酸化して変質・崩壊したなどがあったそう…。

そのため、以降中国政府は古代皇帝陵墓の発掘を許可していないそうです。賢明な判断だと思います(笑)

発掘すれば世界遺産になるほどのものでも、技術がないこと・知られては困る真実などがあれば、どの国も発掘できないのかもしれません。

中国にはそうした文化財が多いようですが、今後発掘されることがあれば更に世界遺産が増えそうです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。