ぺんぎんメモ

オクトパスカードのチャージは地下鉄専用機械か客務中心で

time 2018/09/18

毎回香港滞在時の移動手段は、地下鉄(MTR)かトラムがほとんどなので、オクトパスカード(と呼ばれる日本でいうICカード)が必須アイテムとなります。

小銭を用意する手間が省ける(香港の小銭は重いんです)だけでなく、色々なお店で使えるのでかなり便利なのです。となると、定期的に必要になるのがチャージ。私の場合、地下鉄を利用する頻度が高いので、いつも地下鉄改札近くにある専用機械でチャージしています。

(なぜかオレンジ色のカードが目印の)増値機(Add Value Machine)という機械があるので、その機械の左上へ持っているオクトパスカードを挿入し、右下付近へHK$50かHK$100紙幣を正しい向きに挿入します。

その後画面に、「チャージが完了したので終了するか」と聞かれるのでENDのボタンを押すと、挿入したオクトパスカードが出てくるので、それを受け取ったらチャージ完了です。

ちなみに、この機械ではHK$50以下や中途半端な額のチャージはできないので、少額をチャージしたい場合は客務中心(Custmer Center)へ行ってその旨を伝え、チャージしてもらいましょう。客務中心は、増値機(Add Value Machine)という機械の近く、もしくは改札内にあることが多いです。

短期滞在者の場合、オクトパスカードに大金を残すのは好まないので、帰国日が近くなるにつれてチャージを控えたくなります。しかし、空港までの交通費や空港における飲食の支払いなどで案外オクトパスカードが活躍するので、そこまでチャージに神経質にならなくてもよいのかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ