ぺんぎんメモ

sponsored link

セーターにあいた巨大な穴を同色の毛糸で補修

time 2018/11/11

昨冬、お気に入りのセーターの脇部分にとんでもなく巨大な穴が空いているのを発見しました。原因は着用時に無理やり引っ張ってしまったことだと思うのですが、多忙だったのでそのまま数週間は穴が空いたまま着用していました。上にコートを着ているし脇なんて誰にも見えないし、このままでいいやと。

とはいえ、少々時間が作れたある日の休日、さすがにこのまま着ているのは変かなと思い、修復方法をネットで検索。ヒットしたのは同色の毛糸で補修するやり方でした。確か、ネットでは毛糸の靴下の補修方法が載っていた気がします。

そんなネット情報を参考にしながら、同色の毛糸を購入しチマチマと穴を塞ぎました。自分の中では実に上手く縫えたつもりでしたが、縫い終わって見てみるととても美しいとはいえない仕上がり…。とはいえ、脇なんて誰からも見えないし、ということで強制終了・強制完成させました。

のもつかの間、気付くともう片方の脇にも穴が!という訳で、チマチマ雑縫いを2か所も施されたお気に入りセーター。昨春にしまわれて今冬の出番を待っている状態です。

もしまた今年も穴が空くようなことがあれば、同じように補修することになるでしょう。今年空いたらもう少し丁寧に縫いたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link