ぺんぎんメモ

sponsored link

「汗をかいたら天然塩も摂取する」水分だけでは危険

time 2016/10/12

夏期は、熱中症や脱水症を防ぐために、「こまめに水分を摂るように」と言われることが多くあります。

 

水分だけでは危険

しかし、水分を摂りすぎることで体内の塩分濃度が下がり、逆に危険であることをどれほどの人が知っているのでしょうか。

数十年前から、減塩と言われ始め、塩分摂取を控えるよう、政府や医療関係者が注意を促してきました。

ですが、元来日本人は味噌や漬物、梅干しなどで塩分を多く摂取してきた民族です。そうした民族が、塩分摂取を控えてしまったら、健康被害が出る可能性があることは容易に想像がつきます。

 

西洋人は肉食を大量摂取

戦後、西洋医学が指摘した「日本人は塩分の摂りすぎ」という独断と、塩分と高血圧に関連があるという誤った認識が広まったため、長い間「減塩」が推進されてきました。

しかし、人間はもともと塩分(塩化ナトリウムではなく天然塩)がないと生きていけない生き物です。天然塩を摂取しなくなれば身体は機能しなくなってしまいます

西洋人が「日本人は塩分の摂りすぎ」と言っても、西洋人自身が大量の塩分を含む肉を摂取しているにもかかわらず、それを換算せずに考えているだけで、日本人と同様かそれ以上の塩分を摂取しているのです。

ですが、和食が主食である日本人が減塩してしまえば、魚に含まれる塩分はたかが知れていますし、味噌や漬物、梅干しなどを減塩してしまえば、たちまち塩分不足に陥ってしまうことになります。

 

砂糖が摂りすぎ

こうして考えてみると、近年熱中症が増えたのも気温の上昇が激しいだけでなく、減塩が原因である可能性も高いと思います。

現代は、減塩が当たり前となっていますが、逆に砂糖を大量に使った、甘い飲料やケーキ、パンケーキ、ドーナツ、アイスなどの食品があふれているのに、減糖は推進しません

それらに含まれる大量の糖分こそ、深刻な病気を招く主原因となっているにも関わらず、それが結果的には医療関係者や製薬会社が儲かることに繋がっているために、野放しになっているようです…。

そのため、塩分に関しても政府や医療関係者の言葉を鵜呑みにせず、汗をかいたら水分と一緒に天然塩もしっかり摂取することが不可欠だと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。