ぺんぎんメモ

お菓子屋さんの包装紙がかわいい

time 2017/03/06

以前よくお菓子を買っていた頃に、かわいい素敵な包装紙があると、切り取ってデザイン帳に貼りつけていました。特に日本のは、細かな装飾が施され洗練されたデザインのものが多いので、見ていて楽しいです。

こちらは、三軒茶屋駅前商店街にある「豆商はたの」という豆菓子屋さんの包装紙。お豆を買うとこの包装紙に包んでくれます。

戦後まもなく創業されたお店で、昔ながらの包装紙が魅力満点です。

こちらは、秋田銘菓・金萬まんじゅうを売るお店の包装紙。ちょっと豆商はたのと似ている雰囲気があります。シンプルですが印象に残る包装紙です。

こちらは、浅草小桜のかりんとうの包装紙。包装紙の色がシックで、紙質も和紙で厚みがあるためか品良く感じます。お菓子を包む何気ない紙ですが、会社によって・商品によって・時代によって色々なデザインがあるので、興味深くつい手元に置いておきたくなります。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]