ぺんぎんメモ

中国の人々の生活の様子 in 西安

time 2018/12/28

日本でも都会と田舎とでは人々の暮らしが異なるように、中国においても上海と内陸都市とでは生活環境が随分違います。日本の20倍以上の国土と、10倍以上の人口を誇る国であれば当然かもしれません。そんな中国は、ここ十数年で庶民の生活レベルが底上げされた感じです。

例えば、地下鉄構内・道路はかなり整備されて綺麗になり、道路を走る乗り物・歩いている人々の服装・売っている物・建物の外装などが大きく変化しました。比例して、並ぶ意識が根付き始め(以前は…だったけど)、物乞いも減りました(本当に貧しい人ばかりでなく商売にしている人もいるので、どこかへ追いやられたのかも?)。

とはいえ、戸籍制度やその他様々な原因のせいで、いまだに貧富の差が激しい現実もあります(近年は加速しているかも…)。そんな中国ですが西安に縁がある身としては、

中国庶民の生活を垣間見れる市場

中国の公園おもしろ健康器具

や、その他過去の記事でも書いたように、人々の生活の様子が気になり、無意識のうちに日本と比べてしまう自分がいます。

さて、こちらはバス車内。中国では、高齢者や大きな荷物を持っている人に席を譲る文化が根付いていて、日本のようにそれを断る高齢者がいないので、譲り合いがスムーズに行われます。ただ、日本のような柔らかい座席ではなくプラスチック製なので、滑りやすく時間座るとお尻が痛くなるかも(笑)

ここは「小寨(シャオジャイ)」という街。今どきの若者が集うショッピングエリアで、この「寨格际购物中心」という巨大ショッピングビルには、ユニクロと無印良品が入っています。

北京でいう「西単」みたいな街かな?→北京女子は西単で買い物をする

鐘楼近くにある「開元商城」という高級デパートですが、ここ小寨にもありました。

しかも小寨店は巨大!鐘楼店の10倍はあるかも。

日本食を扱う高級スーパー、「世紀金花」もありました。鐘楼や大雁塔の店舗には日本食がそこそこありましたが、この店舗は日本食よりも他国食品が充実していました。よって、1度行ったきり行っていません。

「中国の夢は私の夢」というスローガンが書かれた、工事現場の看板。西安滞在中しつこいくらい何度も目にしましたが、中国共産党が推し進める政策と何か関係があるのでしょうか?こんなちょっとした工事現場の看板にも政府が関わっていると思うと怖い…

70年経ったら自分の土地でも国へ返還しないといけなかったり、特別な事情がない限り農民は都市民へ戸籍を変えられなかったり…。自国に住み続けるメリットが共産党幹部以外には無さそうです…実際、国外移住している中国人は増えているし。日本もそんな風に自国民が住みにくい社会には、ならないで欲しいものです…

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]