ぺんぎんメモ

犬を捨てる人は人も粗末に扱うのかも

time 2019/03/05

幼少時代住んでいた場所は山の中でしたが、そこには野良犬がたくさんいました。さすがに今はいないと思いますが、当時は小学校への通学に野良犬が一緒についてきたものです。

なぜそんな状況になっていたかといえば、何らかの事情で飼えなくなった飼い主が、他地域から車で犬を連れてきて私の住んでいた地域に捨てていくからでした。当の犬は捨てられたことで傷付いたり、先に住んでいた野良犬との縄張り争いで凶暴化したりして、地域の子ども(特に犬嫌いの)からは怖がられていました。

ただ保健所に通報しても殺傷処分されるだけなので、子どもながらに犬を捨てて行く人に対して憎悪を覚えていました。様々な事情があるにせよ、捨てるなら最初から飼わないか、飼っても避妊・去勢手術をしておくなど飼う側としての責任を果たすべきだと思います。

そこで思い出したのが、江戸時代に「生類憐みの令」を出した5代将軍・徳川綱吉。以前は評価の低い将軍だったようが、最近になって少々変わってきているようです。

私が受けた義務教育では、「生類憐みの令」は犬が人以上に特別扱いされることになったおかしなものという内容で、その法令を出した徳川綱吉もおかしな将軍という扱われ方しかされていませんでした。

が、実はこの法令、犬だけでなく当時酷使されていた馬などの動物全般を保護する目的もあったのです。

当時の犬は武士による試し切りによって傷だらけだったといわれていて、また馬は馬で人間のために酷使されていたらしく、酷い環境下で生育されていたそうです。そんな状況を改善させるために、徳川綱吉は「生類憐みの令」を出したようです。とはいえ、それがエスカレートしてしまったのは残念ですが…

またそんな動物愛護だけでなく、その当時当たり前のように行われていた捨て子や堕胎を禁止したり、ほったらかしにされていた傷病人を保護したり、囚人の境遇を改善したりするなど、社会に人権意識をもたらす効果もありました。

ただこの「生類憐みの令」、江戸から離れた地方ではあまり守られていなかったようなので、各地域によって状況が異なるかもしれません。

さて、私の住んでいた地域周辺の人々が特別無責任だったわけではないと思うのですが、他県を知るとやっぱり人権意識が低い地域だったと思えるので、犬を捨てるのは地域性もあるかもしれない…と妙に納得してしまいました。

当時(今も?)そういう地域に住む大人は、小学校の校長を務める社会的に見れば立派な教育者であっても、総じて子どもに人権など認めない野蛮な人々ばかりだったので、最もらしい理由をつけて(見栄やメンツ等のためであっても)、子どもも犬と同様の扱いをされる可能性があると強く思えたわけです。

引っ越しを繰り返すと、これが同じ日本だとは到底思えないような、各社会独特の価値観や固定観念を知ることになります。それは山岳地帯が多い島国ゆえかもしれません。

にもかかわらず、どの社会でも人権意識が低いことは共通しています。それだけ長い間、日本は貧しい社会だったということなのでしょうか?どんな事情があるにせよ、現代社会においても犬を粗末に扱う人は、間違いなく人も(特に子どもなどの社会的弱者)粗末に扱うと思います。

社会が成長すれば犬(だけでなく猫も)の飼い方にも、モラルが周知徹底されると思いますが、構造からいって人権意識さえ低い社会では、そうなるまでに相当の時間がかかる気がします。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。科学的かどうかは重視していません。基本的に自由です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]