ぺんぎんメモ

中国で買ったスマホによる国際電話の電波が異常に良かった件

time 2019/02/10

数年前に中国で購入したSIMフリースマホ。当時ウォルマートのスマホ売場で1番安く、800元くらい(約12000円)で買ったと記憶していますが、今はこんな画面の小さいスマホを取り扱っているお店自体少ないでしょう。

この時、中国語表記で初期設定の仕方も全く分からない私に、貴重な時間を割いて色々と親切に教えてくれた店員さん数名のことは今でも忘れていません。私の拙い中国語に対しても熱心に答えてくれて心底感謝しています。

ところで、このスマホはレノボ製ですが裏にチャイナモバイルとの表記もあります。チャイナモバイルとは中国移動通信のことなので、中国国内におけるネット不要の連絡に活躍していると解釈していました。

ただ、SIMカードはチャイナユニコムという中国聯合通信のものを買って、専用機械で100元毎にチャージしながら使用していたので、ネット接続時にはこのチャイナユニコムにお世話になっていたと捉えています(違うかも?)。

そんな中国で買ったスマホですが、中国国内にいる相手との連絡は、電話だけでなくメールも番号やりとり出来てラクでした。

が、日本国内にいる相手との連絡はそういう訳にはいかないので、当時パソコンを持参していなかったこともあり、日本語変換できない中国スマホ片手に(私の機種だけ?)、ローマ字を駆使してHotmailでやりとりしていました。ローマ字の便利さを痛感したのは後にも先にもこの時だけです。

今みたいにFree-WiFi環境もなかったので、ネット接続するのも苦労していて電波の良い場所を探しながらメールをしていたのが懐かしいです。当時は必死でしたけどね。

日本国内へ電話をするのも、まだまだケータイ所有者が多い時代だったので、無料アプリではなく国際電話を使っていましたが、10分2000円弱という恐ろしい金額なのでかなり控えていました。

ただ驚いたのは電話相手がドコモケータイの場合、相手の声が隣で話しているかのように鮮明だったこと…日本国内でもあんなに鮮明な声質はないというくらい、雑音が一切なく声質がクリアで安定していたのには相手も驚いていました。今はどうか知りませんが、数年前の中国内陸地と日本(東京)ではそうだったのです。

そんな異常な通信網(チャイナモバイル?)は当時こそ気になりませんでしたが、ファーウェイの件があってからは国家レベルでの盗聴を疑いたくなりますね。それにしても、CHINA MOBILE⇔DoCoMoにおける電波の良さは、いまだに忘れることができません。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]