汗をかいたら栄養豊富な天然塩も摂取、水分だけでは危険!

夏は熱中症や脱水症を防ぐために、「こまめに水分を摂るように」と言われています。

でも、水分を摂りすぎると体内の塩分濃度が下がって逆に危険であることをどれだけの人が知っているのか疑問です。

数十年前から減塩と言われ始め、塩分摂取を控えるよう政府や医療関係者が勝手に注意を促してきました。

が、元来日本人は味噌や漬物、梅干しなどで塩分(塩化ナトリウムではなく天然塩)を多く摂取してきた民族。

そんな民族が突然塩分摂取を控えてしまったら、健康被害が出る可能性があることは容易に想像がつきます。

戦後、西洋医学が指摘した「日本人は塩分の摂りすぎ」という独断と、塩分と高血圧に関連があるという誤った認識のため、長い間「減塩」が推進されてきました。

でも、人間はもともと塩分がないと生きていけない生き物。塩分を摂取しなれば体内のミネラルバランスが崩れ、体は機能しなくなってしまいます

塩分といっても、天然塩と塩化ナトリウムは全く別物で、天然塩はミネラル豊富なお塩。ミネラルが含まれているので、例え大量摂取をしたくてもできないものなのです。

西洋人は「日本人は塩分の摂りすぎ」と指摘しましたが、日本人よりも大柄である西洋人のほうこそ、大量の塩分を含む肉肉類を摂取してきたのでは。

戦後、日本人が肉類を摂取するようになったからといっても、本来和食が主食であることを考えると、魚に含まれる塩分はたかが知れています。そのうえで味噌や漬物、梅干しなどを減塩してしまえば、たちまち塩分不足に陥ってしまうのは当然のような…

こうして考えてみると、近年熱中症が増えたのも気温上昇が激しいだけでなく、減塩が原因である可能性も高い気がしています。

「昔の常識、今の非常識」と言われるように、政府や医療関係者の言葉を鵜呑みにせず、汗をかいたら水分と一緒に天然塩もしっかり摂取し健康維持に努めたいと思います。